【感想】完勝!アーセナル戦

2021-04-04

最高の再スタートです。
4日、アウェイ、エミレーツ・スタジアムで行われた20-21プレミアリーグ第30節、アーセナルとの一戦は3-0でリヴァプールの勝利!
さあ、これでいよいよ本格的に復調か!?

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

もはやお馴染みになった感のある、オザン・カバクとナサニエル・フィリップスのCBコンビ。
ベン・デイヴィスは、またもベンチ外!
中盤は代表でフル稼働だったジョルジニオ・ワイナルドゥムがベンチで、ジェームズ・ミルナーが先発。
前線はいつもの3人。ベンチには切り札のディオゴ・ジョタ。

前半

ニュースタイルアリソン。このヒゲがアップで抜かれるシーンがどれくらいあるのか。

序盤はお互いボールが繋がらずワチャワチャした展開でしたが、徐々にリヴァプールがペースを握り始めます。
10分を過ぎた頃には、完全にゲームを掌握。
でも、決定機は訪れず。ミルナーのボレーは枠の外。
ファビーニョのミドルも枠の外。
ロベルト・フィルミーノのミドルも枠の外。
もういっちょミルナーのミドルも枠の外。あ~。これは決めたかった。

押しちゃあいるけど、ゴールは遠くって、代表ウィーク前の症状を引きずっているのでしょうか。

アーセナルにはこれといって何もさせていないけれど、たった一度のチャンスをものにされ、そのまま逃げ切られるってイヤな予感が…

0-0で前半終了。

後半

ゴール前の壁を破れず。

イヤな予感。
イヤな予感。
イヤな予感。

なんとか先取点を!

そのミッションを託されたのはディオゴ・ジョタ。
アンドリュー・ロバートソンに替わってピッチイン。
ミルナーがLBを担当し、4枚の豪華アタッカー陣が共演する布陣です。

さあ、どんなハーモニーを…

あれ。早いね。もーちょいイントロからじっくり聴かせてくれてもよかったけど。

トレント・アレクサンダー=アーノルドのクロス。決して大きくない体を跳躍させ、放ったヘディングシュートは強烈の一言。

ズドーン。

1-0。

アーノルドもこの表情。気持ち入っています。見たか!サウ〇ゲート!
代表に呼ばないでくれてありがとう!(ファンの心の叫び)

ヨイショー!

さらにその直後。

ファビーニョから絶妙なボールがサラーへ。
追いすがるDFをものともせず。GKが立ちふさがるも、余裕の股抜き。

2-0。

こういう、圧倒的な力を見せつけてのゴールというのは、久しく見ていなかった気がします。

これはもしや、ケチャドバというヤツでは?

守っても、カバク&ナットのコンビが隙を一切見せず。

ほぼほぼ試合が決したところで、フィルミーノに替えジニ
終盤に元気なジニというのは、相手にとってはいかにも嫌な一手。
勝利は目前というところで、さらにダメ押しきました。
ゴール前でサディオ・マネがボールを受けたところに、後ろから走りこんきたジョタ。
突き刺しました。

3-0。

残り時間はあとわずか。代表の疲れを考慮してか、カバクが交替。リース・ウィリアムズが入ります。

ベンチにさがる時、ユルゲン・クロップに渾身のドヤ顔を向けるカバク。買い取ってくれるよねアピールでしょうか。

3-0で試合終了。

3得点。ピンチらしいピンチは無し。アリソンはあんまり目立たかったけど、フレディ・マーキュリーみたいだと、ネット上をザワつかせていました。

結果も内容もバッチリ。リーグ戦、久しぶりの完勝です。ここからががぜん楽しみになってきました。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。