【感想】消化試合だし!ミッティラン戦

2020-12-10

いんですよ。通過決まってんだから。
10日、アウェイ、MCHアリーナで行われた20-21シーズン・チャンピオンズリーグ・グループステージ第6戦、ミッティランとの試合は1-1でドロー。
この試合の結果が決勝トーナメントに及ぼす影響はゼロ。消化試合なんだし、別に結果はどーでも…いや~勝ちたかったなあ。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

くすぶり組の南野拓実、ディボック・オリギ、コスタス・ツィミカス、トップチーム初出場となるレイトン・クラークソンなど、新鮮な顔ぶれが並びましたが、思ったより主力投入してもきたなという印象。モハメド・サラー、ファビーニョを使うとは。

そして。

キャプテンを務めるのはトレント・アレクサンダー=アーノルド。
子供の頃からの夢が一つかないました。まだ、これは第一歩に過ぎないけど!

前半

あれ?サラー?

あら?

あらら?

なんか入ったわ。

1-0。

開始1分。事故みたいなゴールでいきなり先制。
その前の南野とオリギのプレスはちょっと効いたかも!

このゴールによってサラーは、CLにおけるリヴァプール史上最多の得点者となりました。

いきなりの先制点。こりゃあフルボッコのお祭りかとも思いましたが、そう簡単でもないようです。
オリギはいつもより動き回っている気がするけど、効果的かというと…う~む。
南野はなんだか手持無沙汰な感じ。中盤というポジションでなにをすべきか把握しきれていないのか、周りから浮いている印象もあります。
時折り、いいパス出したりはするんですが。ディオゴ・ジョタがダイレクトで合わせたクロスは惜しかった!

クラークソンはミスが出るのはしゃーなし。パスセンスは非凡なものを持っているようです。

ミッティランの攻撃。クロスに長身のフォワードがピタリとあわせ決定機。やられたかと思いましたが…

ギリギリのところでファビーニョがクリア。さすがです。
サラー、アーノルド、ジョタと共に主力組の格の違いを見せつけています。

すっかり2ndGKとしての地位を確立した感のあるクィービーン・ケレハーも前の2試合に続き冴えてます。
ただ、やはりチーム全体でみると噛み合っていない印象の方が強いですね。追加点は生まれず。

1-0で前半終了。

後半

後半頭からファビーニョに替わってビリー・コウメティオがピッチへ。リース・ウィリアムズとの10代CBコンビ誕生です。
がんばってほしいところだけど、強度が減退するのは必然か。結構危ないシーン多め。

ツィミカスは頑張ってる!と思いきや、なんか捻ったくさい。プレー続行は不可能か。

ゴタゴタしてる中、浮き球のパスに抜け出され、ケレハーの頭上を越すシュート。技あり。同点か。いや、ゴールラインぎりぎりのところでクラークソンがクリア。危機を脱しました。
そして笛。ん?オフサイドかなんかか?なーんだ、ヒヤッとして損したー。と思ったらケレハーのファール?
うわー。VAR発動。これ絶対PKになるヤツじゃん。

判決。ファール。

はい、PK。だよねー。そうなるよねー。イエローのおまけつき!しかもクラークソンが傷んでる!?踏んだり蹴ったりか!?

で、ツィミカスはやっぱりダメでアンドリュー・ロバートソン投入。あーロボも使うことになるとは。
さらにナビ・ケイタに替えてジョーダン・ヘンダーソン。ヘンドまで…ケイタも怪我とかじゃねーだろーなー!?

あ。PKの方はきっちり決められました。

1-1。

クラークソンは無事だったようで、やなことづくめはなんとか回避。

同点に追いつかれたリヴァプール。勝ち越し点を奪う策は?
いや、別にいいんですけど。あれ?勝ちに行くんすか?
オリギに替えてロベルト・フィルミーノ。
また主力が…そしてオリギを下げますか。むしろここからがオリギタイムという時間帯なのに。

サラー、ジョタ、フィルミーノというガチな前線だけど得点は生まれず。
時計が90分を回ろうかという頃には、ジョタに替えてサディオ・マネまで投入。
ガチで勝ちたいくさい。

勝利への執念。それに冷や水を浴びせるかのような、ミッティラン。CKから豪快なヘッドで、リヴァプールゴールに襲い掛かるも、そこはケレハー。
これはアガる。さあ、勝負を決めよう。

執念が結実する瞬間が…
ヘンドのクロスに合わせたのはマネ。
相手に当たるも、こぼれ球を南野が押し込んだ!

これは勝負ありでしょう。

南野にとっても非常に意味のあるゴール。

くぅぅ~。

…。

…。

またか。
何度目かのVARのコーナー!

非常に長い審議が行われております。

ドキドキ…

ノーゴール!

またか。

もう、何を信じていいのか分からない!
いや、幻のゴールとなってしまったけど、ネットを揺らす感覚は、南野の中に確かに残っているハズ。久しぶりの感覚。忘れないうちに本物のゴールを。

なんかAT8分もあるわ。どうする?攻める?せっかくだからねえ。まあ、最後まで頑張りましたが、スコアは動きませんでした。

1-1で試合終了。

いやー、ここまでやるなら勝ちたかった。主力組を無駄に疲れさせてしまった感アリ。ツィミカス怪我したし。

しかし、収穫もありましたね。
ネットを揺らした南野。
またも好守を見せたケレハー。
若きCBコンビ。
サラーの新記録。
初出場で爪痕を残したクラークソン。
そして、キャプテンアーノルド。

さあ、これらを糧に過密日程を乗り切るぞ!
来週3試合だってよ!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。