【感想】ある意味お約束…アタランタ戦

2020-11-26

そんな気はしていました。ええ、していましたとも。
26日、ホーム、アンフィールドで行われた20-21シーズン・チャンピオンズリーグ・グループステージ第4戦、アタランタとの試合は0-2で敗北…
勝って悠々と決勝トーナメント進出を決めたいところでしたが、そうはいきませんね。だってリヴァプールですもの。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

大方の予想通り、結構変えてきましたね。
非常にフレッシュな最終ラインです。両翼にネコ・ウィリアムズとコスタス・ツィミカス。CBにリース・ウィリアムズ。
そして、それを束ねるのがジョエル・マティプ!

正気か?

主にマティプについて。
週2でやらすとか正気か?

前線にはディボック・オリギ。
南野拓実はベンチスタートです。ううむ。

前半

こんだけメンバー変われば致し方なしか。手詰まり感ハンパないですね。シュート打てないなー。

守備も個々が悪いってワケじゃないけど、フワフワしてます。

がんばれー。

がんばれー。

がんばれー。

ほ、ほどほどに。。。

アリソンはさすがです。しかし、このままではいつかやられる。
なにか流れを変えるような…

これは!?退場だ退場!二人くらい退場しろ!

これのせいってワケでもないと思うけど、サディオ・マネもパッとしませんね。お疲れでしょうか。
病み上がりのモハメド・サラーも厳しめ。FKの流れから放ったシュートは枠の外。
45分で枠内ゼロか。

0-0で前半終了。

後半

ジェームズ・ミルナー、ジョルジニオ・ワイナルドゥムという百戦錬磨の二人が奮闘を見せるも、リヴァプールの攻撃は実を結ばず。
形を作れてるのはアタランタですね。綺麗にパスを繋がれ…やられた。

0-1。

リヴァプールは大胆な交代策を敢行します。

アタランタよ、リヴァプールを怒らせてしまったな…遊びは終わりにしようか。

ディオゴ・ジョタ、アンドリュー・ロバートソン、ロベルト・フィルミーノ、ファビーニョの一挙4枚投入。

おお!やはり全然ちが…

あ。

0-2。

これはプランが一気に狂ってしまいましたねー。その後、これといったチャンスもないまま、ただただ過ぎていく時間。
そして終盤。リヴァプールは最後の交替カードを切ります。
南野登場。
ああ、あの4枚替えの時に出てきて欲しかった…でも、これが今の彼の立ち位置なのでしょう。敗戦処理だとしても、次に繋がるようなアピールを。

あれ?マネあたりと交替かと思ったらマティプ?
そりゃあ、一番休ませたい人だけど。
こりゃあ、守備を捨ててでもアタッカー増員するっていう捨て身のファイヤー体制か!?よーし、いったれ!
フレッシュなだけあって、軽快な動きを披露するも、チャンスは生まれず。
結局枠内シュートゼロか。

0-0で試合終了。

完敗ですね。
でも、これもある意味リヴァプール。この試合に勝てばグループステージ突破が決まっていました。
そんなんでいいんですか?まだ折り返したばかりだというのに。
2位アヤックスも勝ったため、グループDは勝ち点差2の中に3クラブがひしめく混戦模様。それでこそリヴァプール!今季もグループステージの火を消しませんでした!
さすが劇場型フットボールクラブ!引き続きよろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。