【感想】やっぱり苦戦したノリッジ戦

2020-02-16

そんな気はしておりました。
16日、アウェイ、キャロウ・ロードで行われた19-20シーズン・プレミアリーグ第26節、ノリッジ・シティとの一戦は1-0でリヴァプールの勝利!
最下位だけど、やはり強かったノリッジ。終盤の1点でなんとか勝利を納めました。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。

前半

休み明け、強豪相手に力を発揮するノリッジが相手とあって、簡単な試合にはならないという気はしていましたが、案の定。

ノリッジは、玉砕覚悟ともいうべき捨て身の猛攻を仕掛けてきたアンフィールドでの対戦とは打って変わって、しっかり守ってきますね。

ジョーダン・ヘンダーソンの縦一本。エリア内のロベルト・フィルミーノに届くも、きっちり二人で対応。

フィルミーノは休み中にはっちゃけ過ぎて、絶対太って帰ってくると思ってたけど、体キレてますね。

ギリギリのところで踏ん張るノリッジ。そして、一瞬の隙を突く攻撃の鋭さよ。
前線にフワッと長いボール。いかん、裏をかかれた。
出遅れるDF陣。ノリッジの攻め手は二人。絶対絶命。

アリソン!落ち着いて相手の動きをよく見て止めた!
そろそろ、やらかしゲージが満タンになる頃何じゃないかと思ってましたが、全然のようです。

強風の影響もあってか、効果的な攻撃が少なかったリヴァプール。失点しなかっただけ、良かったか。

0-0で前半終了。

後半

ナビ・ケイタのミドルは、GKに弾き出されました。ビルヒル・ファン・ダイクのヘッドも力なく、GKの腕の中へ。
モハメド・サラーがエリア内で巧みにボールをコントロールして、密集の隙間を縫うシュート。しかし、GK止めよった。こぼれ球に走り込んできたケイタのシュートもブロック。
やるな…

じりじりと過ぎていく時間…
ううむ。負けそうな気配は無いけど、引き分けそうな気配はムンムンしてきたぞ。

リヴァプールは2枚替えを敢行。ファビーニョ&サディオ・マネ。

ファビーニョ。休み中に嫁とイチャつき過ぎてヒヨってないよな!?
マネ。怪我明けで調子イマイチかもしんないけど、頼んだ。

どうやらファビーニョの調子は戻りつつあるようです。良かった。イチャつきはほどほどだった。

そして、マネ。

!?

何が起きた?
とりあえずゴールみたいです。

あ。でもVAR。うーん。審判も何が起きたか、分かってなかったんじゃねーの?
みんなでチェックしよう!

確認中…確認中…

ヘンドからの長いボールをピタッと止めて、クルッと反転して、ドーン!

こりゃあVARもビックリだよ。ちゃんと確認した結果、ゴールでした。

1-0。

マネ凄いねー。怪我明けで調子イマイチかもなんてのは杞憂だったようです。

残り時間は僅か。逃げ切りたいリヴァプールは、ジェームズ・ミルナーを投入。
いわゆる守備固め的な交替策で、リヴァプール的にはネタ臭がプンプンするプランなんですが、ミルナーの場合は凄い安心感だ!
一応、怪我明けですが、この人の場合はむしろ動き続けないと死んじゃうんで。

ノリッジの最後の猛攻には肝を冷やしましたが、ヘンドを中心とした粘り強い守りで、防ぎ切りました。

1-0で試合終了。

さあ、あと5勝!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。