【感想】致し方なし…アーセナル戦

2020-10-02

まあ、仕方ないですよね。
2日、ホーム、アンフィールドで行われた20-21シーズン・カラバオカップ・ラウンド16、アーセナルとの一戦は0-0で引き分け。PK戦の末、リヴァプールが敗れました。
遅れて結果知った負け試合の記事とかヤル気出んわー。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

ビルヒル・ファン・ダイク!
まあ、そんな気はしてました。お守り役必要ですもんね。
てか、前線も?モハメド・サラー!?
まあ、相手はアーセナルですからね。不自然ではない…けど!
最近、好調っぽいジェルダン・シャキリどこ行った!?
どうも、移籍の話が進んでいるとか、いないとか…このままお別れとなってしまうのでしょうか。
そして、移籍濃厚と見られていたハリー・ウィルソンが唐突にスタメン。こちらは残留の方向に傾いてきたのでしょうか。

あ。ジェームズ・ミルナー先生は当然の如くLBね。

前半

キターーーー!
ちゃーーんぴおーーーん!!!

アリソンとロベルト・フィルミーノが優勝しました!
やったぜ!じゃあ、ハイ撤収!

あれ?二人出てたっけ?
この二人誕生日だったらしいです。おめでとう!
やったー!負け試合の記事なんか書いてる場合じゃないぜ!

0-0で前半終了。

あ、南野拓実惜しかった!あと、アドリアンGJ。

後半

大きいことはいいことだ!

マルコ・グルイッチ。
一回CBやらせてみて欲しいな~。きっとすんごいエンターテインメントが発動する。

早くも存在感を発揮する、新加入ディエゴ・ジョタ。たぶん崖っぷちのウィルソンも頑張ってるんじゃないでしょうか。
しかし…

リヴァプール戦に限ってGKが覚醒するヤツ。
アドリアンも頑張ってます。
両者譲らず。

0-0で試合終了。

PK戦

また、アーセナルとPK戦か~。この前負けてるしな~。
4-4で迎えた6人目。キッカーはウィルソン。読まれていたか。きっちりと止められてしまいました。
アーセナルの6人目が決めてゲームセット。
ウィルソンか~。この前のブリュースターに続き、若者にはしんどい経験となってしまいましたね。ドンマイ。

ま、まあ、カップ戦ですから!悔しくなんかないぞ!
それよりも、このPK戦で気になったこと。

歴戦の兵、ミルナー先生の余裕は分かる。その隣!リース・ウィリアムズ19歳!何故そこで笑える!?大物の予感がします。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。