【展望】首位奪回を!マンチェスター・シティ戦

2018-10-07

まだシーズンは始まったばかり。この言葉を使うのは早過ぎるかもしれません。それでも敢て言います。首位攻防戦です。
日本時間、明日0時30分、18-19シーズン、プレミアリーグ第8節、マンチェスター・シティとの一戦がホーム、アンフィールドにてキックオフとなります。
悲願のプレミアリーグ制覇に向けて、極めて重要な90分。王者との戦いの時が近づいてきました。

勝たねばならないアンフィールド

6勝1分と好スタートを切った優勝候補の両雄。
得失点差の関係で現在はシティが首位に立っています。
両チーム共に失点は僅かに3。
プレミアリーグ7節を消化した時点で、複数失点は無しという驚異的な成績です。
さらにシティは21得点とこれまた脅威的。
リヴァプールは15得点、その差は6。
大黒柱のケヴィン・デ・ブライネを欠いて、この成績。しかも、この試合で帰ってくるかもしれないって!?
現時点ではシティの方が上回っていると言わざるを得ないようです。

加えて、リヴァプールはここ3試合勝利無し。
特にアウェイで主力を投入しながらも、試合終了間際の失点で、勝点を取り損ねたナポリ戦のダメージは大きかった事でしょう。
急に暗雲立ち込める空気になってますが、今まで良すぎただけ。これくらい普通です。
思い出してください。ELの凍結したピッチを。セットプレーの度に失点してたザル守備を。定期的に届くスタリッジのリハビリ日誌を。FWコーカーを。スタなんとかっていう腐ったミカンを。
今の状況、屁でもありません。

舞台はアンフィールド。
泣き言なんて必要ありません。
シティはここ15年年間、アンフィールドでは未勝利。昨シーズンの対戦成績も3勝1敗でリヴァプールが勝ち越しています。
唯一の敗戦もサディオ・マネの退場の影響が大きかった。
リヴァプール的にはお得意様に当たるワケです。
もちろん簡単な試合でない事は分かっています。
しかし、言いましょう。

シティはカモ。

アンフィールドで勝とうなんて10年早い!

この試合、勝てばリヴァプールが首位に返り咲きます。そのまま突っ走って優勝しましょう!

大一番の臨むメンバー

堅守を構築する事に成功したリヴァプール。
そのお陰で手にする事が出来た勝点は決して少なくありません。
しかし今回の相手はシティ。
それだけでは勝てません。
そろそろ攻撃も、爆発してもらわねば。

リラックスした表情のサディオ・マネ。
疲れはあるかと思いますが、気負いはないようです。

ロベルト・フィルミーノもいい表情。

そしてモハメド・サラー。
スランプなどとも言われていますが、体のキレ自体は悪くないと思うし、ふとした切っ掛けで復活してくれるのではないでしょうか。
その鍵はデヤン・ロヴレンが握っている!?

ナポリ戦、無念の途中交替となったナビ・ケイタ。
幸い、重傷ではなかったようですね。
シティ戦は凄いミドルがよく決まるイメージがあるので、コンディションが整っているのなら、期待したいメンバーの一人です。

トレーニングに復帰したアダム・ララーナ。
コンディションはどこまで整っているか分かりませんが、とりあえず前髪は整ってます。
スタメンの可能性は低いかと思いますが、途中からでも出てきたら、面白い存在ですね。

いつも通りヤル気満々のジェームズ・ミルナー。ボールを奪ってからのアシスト、この試合も期待しています。

トップチームとの対戦という困難に直面している・・・しかし痺れるようなアンフィールドの雰囲気が、我々を駆り立てるだろう。

そう、戦うのは選手だけは無い。
今シーズンの最重要試合といっても過言ではない今節、KOP達の熱気も凄まじいものになるでしょう。
応援、それからスタなんとかへのブーイングよろしく!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。