ロヴレン、やっぱりやらかす

2018-07-08

クロアチア代表としてワールドカップに参加しているデヤン・ロヴレン。
開催国ロシアを降し、準決勝に進出しました。
主力として母国の躍進に貢献しているロヴレン。
クラブでも昨シーズン後半あたりから、見違えるようにパフォーマンスを向上させKOPの間での評価も急上昇中。
以前のポンコツっぷりは影を潜めております。

でも・・・
やっぱりロヴレンはロヴレンだったみたいです。

天然

選手として一つ上のステージに上がった感のあるロヴレン。

だいぶ調子に乗っております。
あーこれは危ないやつ。

いいプレーをした思ったら、急にやらかすロヴレンにとって、これはフラグ以外の何物でもない。
強豪相手に爆勝したと思ったら、次の試合で格下にコロッと負ける。
そんなLiverpool Wayを体現する選手、それがロヴレン。

・・・のハズなんですが、ここのところ安定しているようです。
もしかして本当に一皮剥けた?

しかし!そこはロヴレン!

プレーでやらかさなくなったからって油断してはいけません。
やらかしチャンスは、そこかしこに転がっていたみたいです。

決勝トーナメント1回戦、デンマーク戦での事でした。
ピッチで水分を補給するロヴレン。
レッドブルです。これがいけなかった。
FIFAはコカ・コーラとスポンサー契約を結んでいるため、他社の製品が映像に映りこむのはマズイ。
これによってロヴレンは7万スイスフラン(約780万円)の罰金を科せられることになりました。

バーカ!

780万円なんて一般人からすれば、即首括ってもおかしくないレベルですが、ロヴレンの年俸は約1億5000千万。
まあ、大丈夫でしょう。

さすがは世界的人気クラブ、リヴァプール。結構出してますね~。
世界中のKOP達がグッズを買い、サポーターズクラブに入会し、放映権料を払い、スタジアムに足を運ぶ。
そうして得られたお金が、選手の給料となり、そして罰金として支払われる。

あ。なんかムカついてきた。

おいロヴレン!しっかりせい!

しかし、飲んでたのがレッドブルというのが、ご愛嬌というかなんというか・・・
この件、かなり話題になってるので、もの凄い宣伝効果があった事でしょう。
レッドブルといえば、ナビ・ケイタを下さったRBライプティヒ様。
恩返しが出来ましたね。
もしかして、そこまで考えてる?ロヴレンのクラブ愛!

ライプティヒ様、素晴らしいでしょう、この自己犠牲精神。
ここは一つ、ロヴレンに報いてやるという意味で、もう一人くらい誰かくれません?

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。