苦境・・・ゴメス離脱

2018-12-07

バーンリー戦で怪我を負ったジョー・ゴメス。
当初の見立て通り、軽いものではなかったようです。
骨折により6週間程度の離脱の見込み。
過密日程を迎えるチームに大打撃となってしまいました。

6週間。1月中旬くらいまでの離脱となりそうですね。
過密日程のド真ん中。ナポリ、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、マンチェスター・シティとビッグマッチも次々とやってきます。FAカップも始まります。

厳しいけれど残ったメンバーで乗り切るしかありません。
いい時のロヴレンならきっと大丈夫。そしてあの熱血漢はきっとこういう時こそよくなる!
去年の今頃はマティプ1バックなんて言われてました。本来の調子を取り戻せば頼もしい存在。
アーノルドは幾度となく批判を受けてきましたが、それを跳ね返し成長してきました。逆境に強いタイプなんでしょう。
クラインの復活にも期待したいですね。
アカデミーのフィリップスにも出番があるかもしれません。

ジニ、ファビーニョあたりを使った3バックの可能性も?

そして大先生。

よろしくお願いします!ボソっ(サイドバックとかも。)

チーム力が試される時。総力戦です。

この時期の6週間。返す返すも激痛です。
しかし21歳のゴメスのキャリアの中ではほんの僅かな期間。後に影響が残らないよう、焦らずに治してもらいたいですね。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。