【感想】久々!レジェンドマッチ

2022-09-25

ここんとこずっと試合がなくて、カラッカラに干からびてたKOPたちにとっては恵みの雨といったところでしょうか。
24日にホーム、アンフィールドで行われたリヴァプールレジェンドVSマンチェスター・ユナイテッド・レジェンドのチャリティマッチは2-1でリヴァプールの勝利!
非公式戦とはいえ、宿敵に勝てたし面白かった!

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


スタメン

レジェンド?な人も結構いますが、仕方ありますまい。
黄金期を知るガチレジェンドは身体が動かなくなってきてますからね。
実際、毎回監督を務めているケニー・ダルグリッシュ以外に、イアン・ラッシュ、ジョン・オルドリッチもコーチとして参加。
まだまだ走れる人の中には、指導者とかやってて忙しそうな人も多そう。
新鮮味があるメンツを楽しみましょう。
あれ、そういえばキャラガーは?あと、馬主…

前半

いきなり炸裂するシャビ・アロンソの精密機械パス。
健在にもほどがあるだろ。

風貌も変わりませんね。

チャリティマッチデビューとなるマルティン・シュクルテルは脱ハゲでマイルドなイケメン化。

それからインパクト強かったのがモモ・シソコ。

チラッと映ったな。なんかルカクみたいな風貌になってんじゃん!

試合の展開はというと、割と早い時間に先制ちまいましたね。
ベルバトフ?あーいたねー。
あちらさんはどの年代もレジェンドには事欠かないし、もしかして層に結構な差がある?
ボコられちゃう?

というのは杞憂だったようで。
その後は割と五分五分。
まあ、がっぷり四つというワケではなくチャリティマッチ特有の緩い雰囲気でしたが。

が。
チャリティマッチなのに!
トーレ・ビョルン・クヴァルメが負傷退場。
お大事に。懲りずにまた来てね。レジェンドの人材難が指摘されるサイドバック。とても貴重な存在です。

そして代わりに出てきたのがファビオ・アウレリオ。
いや、こっちも怪我しそうじゃん!

まあ色んな意味で見どころがありました。

0-1で前半終了。

後半

割とがっつり入れ替え。

その効果がすぐに現れました。

ロビー・キーンのパスからマルク・ゴンザレス。
決まった。

1-1。

ロビー・キーンからマルク・ゴンザレス?これレジェンドマッチですよね。
リヴァプールで大きな功績は残せなかった二人が、アンフィールドを沸かせます。
個人的にロビー・キーンは日韓ワールドカップでの活躍が印象に残っていて、来た時はかなり嬉しかった。ちょっと感慨深いものがありましたね。

2点目は声に出して読みたいでおなじみのあの選手。フロラン・シナマポンゴル

シナマ・ポンゴォォル!

2-1。

シュクルテルが頭打って担架が出動するなんてアクシデントもありましたが、歩いてピッチを後にしたし大丈夫そう。
ちょっと不謹慎ではあるけど、こういうところもシュクらしいというかなんというか。
この先、10年20年とチャリティマッチの常連となってくれるでしょう。
クヴァルメ共々、懲りずにまた来てね。

2-1で試合終了。

チャリティマッチとはいえ、勝利は嬉しいものですね。
リヴァプール欠乏症になっていたKOP達にとっては、本当にありがたいタイミングでの開催でしたね。
確かコロナ以降、初めての開催ではなかったと思うけど、個人的には久々のレジェンド観戦でした。
これからもコンスタントにやって欲しいですね。

ところでクロップさん。あのシャビ・アロンソって人と契約しません?

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。