デッドラインデイスライディングローン補強

2022-09-02

盛大にスタートダッシュに失敗したリヴァプール。そりゃそうだよ。怪我人だらけだもん。特に中盤。
こんな状況になっても、「適切な選手が~」うんたらかんたらで、結局補強しないのかと思いきや…さすがにマズイと思ったんですかね。移籍市場最終日に電撃的に1人来ました。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。


9月1日。デッドラインデイ。日本時間で昨日の夕方くらいかな~。
あーあ。補強は無しかーなーんて思ってたら、いきなり降って沸いたように出た噂。

ユヴェントスのアルトゥール・ネロをローンで獲得か!?

誰?

今まで、いろんな中盤の選手の名前が挙がってきましたが、まったくノーマークだった選手です。

いや、ほんと誰?いきなりそんなん言われても…

まあ、噂ってもね。デッドラインデーですから。
今まで水面下で動いていたものが、確定情報として浮上してきたのでしょう。

残された時間はあとわずか。そりゃあもうトントン拍子です。
イタリアからイングランドへ。そしてメディカルチェック。

あーこれ決まりだわー。寝るか―。(メディカルで引っかかるという一抹の不安を抱えつつ)

で、朝。

決まってました。
ギリギリの滑り込みで取引完了。

ようこそ、アルトゥール!

それにしても全然知らん選手が来たなーと思ったら、実は過去に対戦してるみたいです。

ユヴェントスの前の所属クラブはバルセロナ。
2019年のCLで相まみえています。
2019年。そう、あの大逆転劇。通称「アンフィールドの奇跡」の被害者なんです、彼。

その節はまあ、お世話になりました。
あのスタンドのやべえ連中に気圧される側じゃなく、後押しされる側になりますね。

ブラジル出身。リヴァプールにはお仲間がいっぱいいるから、すんなり溶け込めるでそう。プレーの面では知らんけど。

26歳。選手として一番いい時期ですね。
ただユヴェントスではパッとしなかったようで。
しかもバルサからユヴェントスへの移籍は、クラブの事情に振り回された望まぬ形だったようで。
なかなかの苦労人です。

心機一転。ここからの飛躍を期していることでしょうね。

しかし、こんなギリギリでのローン移籍っつーことで、首脳陣が本当に望んだ選手ではないのでしょうね。
その場しのぎな感は否めません。

それでも来たからにはレッズ戦士。期待しましょう。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。