【展望】砕けた盾vs折れた矛 ウエストハム戦

2020-10-31

相変わらずの非常事態ですが、試合はやってきます。
日本時間、11月1日、4時00分。20-21シーズン・プレミアリーグ第7節、ウエストハムとの一戦がホーム、アンフィールドにてキックオフとなります。
現地時間ではハロウィンの夜に開催されるこの試合。トリッキーな作戦が作戦が発動しちゃうのでしょうか。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。

スタメンは?

ご存じの通り、ディフェンスラインが一大事のリヴァプール。

ジョー・ゴメスが軸となるのは確定なワケですが。

相方を務めるのはナサニエル・フィリップスなのかリース・ウィリアムズなのか。
二人ともプレミアでの出場経験はありませんからね。
リースはCLという大舞台を経験しましたが、フィジカル的な面で言うと、プレミアは別世界。
彼、デカいけど、まだ体の線は細いですからね。

経験豊富な中盤のメンバーをDFとして起用。3バックを採用ということもあるかもしれません。

ジョルジニオ・ワイナルドゥムか。ジョーダン・ヘンダーソンか。ジェームズ・ミルナーか。

こんな話も…

おいおい、冗談だろっ…。いえ、ボスならやりかねません。

この投稿をInstagramで見る

???????? #godsplan #enjoylife

TS⚡️M⚡️KAS(@tsimikas21)がシェアした投稿 –

マスチェラーノより背が高いという条件は彼もクリアしていますが、引き続き消息不明。

ちなみにこんな噂も。

チアゴ・アルカンタラ復帰するかもって!
背はマスチェラーノと同じくらいだけど、やる?

いや、彼が出るなら中盤でゲームを仕切ってもらいましょう。

ジーニアス

ウエストハムの監督と言えば、あのお方。そう、デイヴィッド・モイーズ。
やったー!3ポイント確定だー!なーんて思っちゃうのは、少々軽率かもしれません。
前節、マンチェスター・シティに引き分けています。スパーズにも引き分け、レスターとウルブスをボコってます。
何気に強豪キラー。ジーニアスがガチのジーニアスがかってる今日この頃なのです。

リヴァプールも油断できません。昨シーズン、ホームでの対戦は3-2と辛勝。そして次の試合、ワトフォード戦でシーズン初黒星を喫します。なーにんも出来なかったワトフォード戦。あれ、モイモイエフェクトだったのかもしれません。モイモイはどっちの意味でジーニアスなのか、改めて注目してみるべきかもしれません。

DFが大変なことになっているリヴァプールですが、どうやら手負いなのはあちらも同じようです。
マイケル・アントニオっつーすでに今シーズン3ゴールを決めているFWが欠場とのこと。
砕けた盾と折れた鉾。それを操る両監督の采配やいかに。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。