【展望】ここで勝つ!ライプツィヒ戦

2021-02-16

気分を新たに、ここは必勝といきたいろころです。
日本時間、2月17日、5時00分。20-21シーズン・チャンピオンズリーグ・、決勝トーナメント1回戦1stレグ、RBライプツィヒとの試合がハンガリーのプスカシュ・アレーナナにてキックオフとなります。
いざ再び、欧州の頂点へ。

【宣伝】リヴァプールどころか、サッカーにすら全然関係無いんだけど本出しました。

中立地

コロナの影響で、ライプツィヒの本拠地があるドイツには入国不可。今回のアウェイゲームは、中立地で開催されることになりました。
中立?まあ立場的には中立なのでしょう。地理的にはどうなんすかね。

全然中立じゃねえ。めっちゃドイツの向こう側です。中立ってなら、ドイツとイングランドの間とってオランダとかベルギーとかにして欲しかった~。
まあ、本来はアウェイゲームですからね。あんまりリヴァプールよりになるのもアレか。

しかしまあ、真冬のハンガリーって一気にEL感が出てきましたね。芝、凍ったりしてないかな。シャワーのお湯、出るかな…
真冬のハンガリーはマイナス10℃程になることもあり、激寒みたいです。緯度的にはイングランドの方が全然寒そうだけど、そうでもないみたいです。
怪我には気を付けてもらいたいですね。試合の夜もハンガリーの最低気温マイナス5℃なんて予報も…ほんと無事に帰ってきてね。

フィジカルのケア大事!お湯、出るよな!絶対出ろよな!

プスカシュ・アレーナ、こんな感じみたいです。近代的!
2020年のUEFAスーパーカップの会場に選ばれたんだとか。これは出るな。お湯。ピッチコンディションも良さそう。寒さだけは気を付けて。

クロップへのサポート

目下のところ絶不調。プライベートでは辛いこともあったユルゲン・クロップをサポートしようという気運が高まっています。

こうした動きは、クロップ本人にも伝わっているハズ。解任論も浮上しているようですが、多くは外野が面白がって騒いでるだけでしょう。ファンは粛々とサポートを続けるのみ。

メンバーは?

今週末はマージーサイドダービー。色んな事情があって絶対に負けられない一戦です。
ライプツィヒは言うまでもなく強豪。現在、ブンデスリーガ2位と好調な模様。
でも、プレミアとはちょっと勝手が違うことでしょう。強度の面とか。

ジェルダン・シャキリ、コスタス・ツィミカスにとってはチャンスか。
特にツィミカス。あん?ギリシャのベストプレーヤー的な賞とった?お前、選手だったんかい!?
そろそろ本領を発揮してもらいたいところですね。シャキリはいいヤツ。
古巣対決となるナビ・ケイタにも期待したいところではありますが…トレーニングには復帰したものの、この遠征には帯同していないとのこと。

あと気になるのがファビーニョですが、ハンガリー到着時の映像や写真では姿が確認できず。CBはレスター戦に続き、ジョーダン・ヘンダーソン、オザン・カバクのコンビが濃厚でしょうか。

相変わらず厳しい状況ではありますが、いや、厳しい状況だからこそ勝ちたい。プレミアのチームに比べれば、あんまり攻略法バレてないハズ。勝ってくれ!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。