油断大敵スウォンジー戦

2018-01-22

あの激闘から1週間が経ち、何事も無かったかのように次の試合がやってきます。。
日本時間、明日の5時、プレミアリーグ第24節、スウォンジー・シティとの一戦がアウェイ、リバティ・スタジアムにてキックオフとなります。
ビッグマッチを制した後の格下との対戦でコロっと負けるというのがリヴァプールの悪い癖。あの勝利を無駄にないためにも、この試合もキッチリと勝ち点3を手にしたいところですね。

全力であるある回避を!

前述の通り、ビッグマッチに勝利した次の試合で格下相手にコロっと負けるのいうのがリヴァプールの伝統芸。
首位との激闘の後に、最下位と当たるとは・・・ネタ振りは完璧。つくづくリヴァプールというのは「持ってる」クラブだなーと思う次第です。
セットプレーで一発やられて、その後ドン引き守備を崩せず0-1で敗戦であるある達成。他クラブのファンから「やっぱリヴァプールだな~」なーんて指さされて笑われる画が目に浮か・・・

いやいやいや!

今シーズンはリーグ戦、僅か2敗のリヴァプール。しかもその2敗はマンチェスター・シティとトッテナムの強豪2クラブ。取りこぼしてはいないんです!(でもドローは多いじゃんと言われたら返す言葉が無い・・・)

大丈夫です。シティ戦の前、バーンリー戦、レスター戦はきわどい勝負をものにしています。最近、勝ち切るという事を覚えたみたいです。今回もきっとしたたかに勝ってくれるハズ。

リヴァプールは変わった。
その事を印象づける試合にしてもらいたいですね。

復調の兆しか?スウォンジー

前回、12月末に対戦した時、スウォンジーは監督が解任され混乱の真っ只中。にも関わらず情け容赦なく5-0で粉砕しちゃいました。
願わくば今回の対戦までゴタゴタが続いていて欲しいなーと思ったものですが、リヴァプールに爆敗した直後に新監督を招聘しています。

やって来たのはカルロス・カルバリャル。
誰?てっきりプレミアお馴染み監督が来るものだと思っていたら、まったく聞いた事無い人でした。

ポルトガル出身。ポルトガルやトルコの強豪クラブで指揮を執った経験があり、つい最近までイングランド2部のシェフィールド・ウェンズデーにいたようです。これまでプレミアの経験は無し。ですが、初陣のワトフォード戦を勝利で飾り、トッテナムには敗れたものの、ニューカッスルにはドロー。FAカップも次のラウンドに駒を進めています。ちょっと不気味な存在ですね。
しかしリヴァプール的には、プレミアのスタイルにどっぷり漬かった古狸達より組し易い相手かもしれません。

引いた相手をどう崩す?

敵将の手の内は分かりませんが、戦力差は歴然。やっぱり引いてくるでしょうね。
苦手なヤツです。はい。

これまで引いた相手に対する切り札となっていたのがフェリペ・コウチーニョのミドル。しかしコウチはもういません。シティ戦のようながっぷり四つの真っ向勝負より、こういった試合の方がコウチの穴の大きさを痛感させられてしまうかもしれません。
積年の課題である引いた相手対策。新たな道筋を見つける事が出来るでしょうか。

前線3人の力で木っ端微塵に粉砕できればいいのですが、攻めあぐねてしまう可能性もありますね。
そんな時、有効活用したのいがセットプレー。
キッカーは最近の試合でもセットプレーから得点を演出している、アレックス・オックスレイド=チェンバレンでしょうか。

ターゲットマンとしては、この試合でプレミアデビューが濃厚なビルヒル・ファン・ダイクもいます。

密集した相手DFを掻い潜るテクニシャン、アダム・ララーナにも期待したいですね。

静止画でもメチャクチャ上手そうな、この足捌き。

あともう一人、実戦復帰が近づいているこの男。

アルベルト・モレノ。
パンチ力のあるキックを持っているので、親友コウチの代わりにミドルシュート係として覚醒したりしないかな~。ここのところ、アンドリュー・ロバートソンが素晴らしいパフォーマンスを披露しているので、出番があるかどうかは微妙ですが。
まあ、引いた相手に対してはある程度、守備がザルでもなんとか・・・いやいや、油断は大敵。
不用意な失点に気をつけ、確実に勝ち点3を持ち帰りたいですね。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

油断大敵スウォンジー戦」への2件のフィードバック

  1. 白鵬とかち上げ

    案の定負けたね。なんかシコったあとの俺みたいだった。みんなCity戦でイっちゃったんだな。それでなくても引いた相手にジニチェンボエムレの中盤じゃ自殺しにいくようなもんだけど。City戦でもパスやシュートに可能性感じなかったからなあ、頑張って走ってたしプレスはすごかったけど……。今後は前線3人の負担が更に増えるし休めないしCL再開するし大変。誰かさんみたいに駄々こねなきゃいいけど。俺のお母さんは俺がいくら「おもちゃ欲しー」て駄々こねても買ってくれなかったけど、クロップとフロントは売っちゃうからなあ。
    ムヒとトレードしてオーバメヤン獲得間近のナルナルと比べると、「バルサバルサバルサ……」て耳元で半年間囁かれて後先考えずブチきれて出しちゃった感ある。後釜確保できないから夏出さなかったという言葉を簡単に裏切らないで欲しいね。後釜確保できずただただ戦力ダウンて結果なら半年間監禁したほうがマシだった。

    返信
    1. Miya 投稿作成者

      見事なまでの案の定でしたね。
      シティ戦の絶頂から復活出来なかったようで・・・
      飛び道具が欲しいですね。まだ移籍マーケットは開いているって事を忘れる程に獲得の噂が無いけど、水面下で動いている事を信じたい。
      アーセナルがこれでまた例の4位力を発揮しそうで不気味です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。