最高の1年の締めくくりを!レスター戦

2017-12-30

2017年もあと2日。今年最後の試合が近づいてきました。
日本時間、明日の0時ちょうど、プレミアリーグ第21節、レスター・シティとの一戦がアンフィールドにてキックオフとなります。
日本ではちょうど大晦日を迎える瞬間のキックオフ。気持ちよく勝って、最高の気分で年越しを迎えたいですね。

難敵レスター

プレミアリーグは現在、勝ち点58で首位のマンチェスター・シティが独走状態。
勝ち点43の2位マンチェスター・ユナイテッドから、勝ち点33で最近後退気味ではありますが7位のバーンリーのまでが2位グループ。
レスターは現在、勝ち点27で8位。
2位グループの後を走る、中位グループのトップにつけています。監督解任を経て、この成績。侮れませんね。

トッテナム、バーンリーに勝利、ユナイテッドにドロー。カップ戦とは言え、シティにもドローと強豪相手にいい試合をしています。リヴァプールもリーグ戦では勝ったものの、カップ戦でやられました。

でもクリスタル・パレスに0-3で完敗するあたり、どこのリヴァプールだって言いたくなります。
アーセナルには敗れはしたものの3-4と壮絶な打ち合いを展開。やっぱりどこのリヴァプール・・・

そういえば岡崎慎司はレジェンドのディルク・カイトや、前線のキーマン、ロベルト・フィルミーノに通ずるものがありますね。
リヴァプールのDF陣は色々とアレなので、激しくプレスに来られたら結構危ないかもしれません。

ただレスターが強豪相手に勝ち点を手にした試合は全てホームゲームなので、アンフィールドで行われる今回の試合は、リヴァプールがやや有利と言えるかもしれません。

過密日程の山場

年末年始の連戦、ある意味プレミアリーグの魅力でもありますが、クラブとしては堪ったものではありません。
選手のやり繰りが非常に難しいですね。スタメンの予想も難しい。

前節出場していないサディオ・マネは出場の可能性が高そうです。
ここのところ不調ですが、表情はいいですね。
もしかしたらマルコ・グルイッチにも出番があるかも?

怪我明けのジョエル・マティプの起用は慎重に行いたいところですが、どうなるか。後のジョー・ゴメスはスタメンの可能性が高いのではないでしょうか。

ジョーダン・ヘンダーソン不在なので、エムレ・ジャン、ジョルジニオ・ワイナルドルムは疲労もあるかとは思いますが、頑張ってもらわなければなりませんね。

こののところ出ずっぱりのアンドリュー・ロバートソン。本人はやる気満々だと思いますが、そろそろ休ませておきたいところですね。

となると代役はこの人か?ジェームズ・ミルナー。ポジションがどこになるか分かりませんが、彼もスタメンの可能性が高そうです。

前節プレミアリーグ初ゴールを記録したトレント・アレクサンダー=アーノルド。他の選手に比べたら疲労も少ないだろうし、出たくて仕方がない事でしょう。

この試合、以前に一度やった3バックの可能性もあるんじゃないかなという気がします。
ゴメスを最終ラインに配置し、アーノルドはウイングバック。
左のウイングバックはミルナーかそれとも・・・

前節得点を決めたフェリペ・コウチーニョとアレックス・オックスレイド=チェンバレン。
コウチはお休みと予想しますが、チェンバレンはどうなるか。ウイングバックやりたくないんだっけ?

出番が少なくても明るくひたむきに頑張るダニー・イングス。そろそろスタメンのチャンスを与えてもいいんじゃないかな~。

そしてこの試合の鍵を握るのはこの男か、アダム・ララーナ。
そろそろスタメン復帰もあるんじゃないでしょうか。

皆、過密日程にゲンナリしているのかと思いきや、明るい表情でいい雰囲気ですね。試合終了後もこの雰囲気でいられますよう。
年内最終戦、勝利を!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。