【展望】切り替え!ニューカッスル戦

2019-05-04

屈辱的な敗戦の直後ですが、気落ちしている場合ではありません。
日本時間、明日5月5日、3時45分、18-19シーズンプレミアリーグ第37節、ニューカッスルとの一戦がとの一戦がアウェイ、セント・ジェームズ・パークにてキックオフとなります。
バルセロナから帰ってきたかと思ったら、今度はイングランド北部への遠征。過酷な日程ではありますが、ここでしっかり立て直してもらいたいですね。
今シーズン、最後のアウェイゲーム。これが終わると、背水の陣で臨むCL2ndレグ、そしてプレミア最終戦。アンフィールドでの運命の二連戦です。

他力本願大本命

立て直しとか言っておいて、いきなりで恐縮ですが、そうなんです。
プレミアリーグ第37節。
優勝を争うライバルである、マンチェスター・シティはレスターと対戦します。
レスターは先日、監督が交代したばかり。かつてリヴァプールでも指揮を執ったのブレンダン・ロジャースです。コーチにはリヴァプール、いや、世界のサッカー界の愛されキャラ、コロ・トゥーレ。

きっとやってくれる!

就任以降、5勝1分2敗となかなかの好成績。前節では、アーセナルに3-0と完勝しています。
シティは前節、バーンリーに苦戦してたみたいだし、いい流れが、来ているんじゃないでしょうか!?

ロイ・ホジソン、ラファエル・ベニテス。元リヴァプールの指揮官たちが、シティを倒してくれました。
そして、突如としてプレミアに舞い戻ってきたロジャース。

他力本願の本命はトッテナムでも、マンチェスター・ユナイテッドでもない。よく考えてみたら、あいつらに借り作るのは癪ですからね。

ロジャース、あの時の忘れ物を取りに行こう。

例によってリヴァプールの方が、先にキックオフを迎えるので、しっかりと勝って、地道にシティに嫌がらせを続けていきましょう。

葛藤

そして、ニューカッスルの監督はベニテス。未だにリヴァプールの事を気にかけてくれているみたいですね。
その節はどうもありがとうございました!

ニューカッスルにとっては、ホーム最終戦。降格も、欧州への挑戦権も無いとはいえ、重要な一戦です。
しかし、勝ったらリヴァプールが優勝出来なくなっちゃうじゃんって、悩んでるみたいなんです。
ベニテスはあんまり冗談とか言うタイプではありませんからね。これは本気の悩みか?

最善を尽くすって言ってるみたいだけど、さてさて最善とは?
こっちも大変な状況なんでね、ちょっとくらいの忖度とかなら、ありがたく頂戴しますよ?

救世主降臨なるか!?

来週半ばには、またバルサ戦。そして最終節は強豪キラー、ウルブス。
しんどい日程です。
さらにナビ・ケイタ負傷。
苦しい・・・
そんな中でも、バルサ戦を捨てて、プレミアに専念するなんて考えはしない事でしょう。死力を尽くして戦って欲しい。
とはいえですよ、メンバーのやり繰り重要。
ジェルダン・シャチリ、デヤン・ロヴレンあたりの活躍に期待したいですね。
そしてケイタがシーズンアウト、アダム・ララーナの状況も不透明な中盤。

あいつがいるでしょう。

アッレクス・オックスレイド=チェンバレン。

前節、びっくりしましたよ。
正直、今シーズンは戦力として計算するのは、難しいと思ってました。
全然いける!
この試合で活躍したら、バルサ戦でも切り札として、登場して値千金のゴールを決める。そんな夢もみてしまいそうです。
日本のファンにとってはちょっと特別な存在になったチェンバレン。期待せずにはいられませんね。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。