ワンダージョッキー見参!

2017-11-27

元ワンダーボーイ、リヴァプールのスーパーレジェンドで公式アンバサダーにして、馬主のマイケル・オーウェン。
無類の競馬好きの彼、ついに馬主だけでは飽き足らず、去る11月24日、チャリティーレースでジョッキーとしてデビューを果たしました。
ワンダージョッキー、マイケル・オーウェン。そのレースの模様をお届けしたいと思います。

レース前

緊張と興奮のためか、レース関連のツイートを連投するワンダージョッキー。


ちなみにレースの翌日、25日はリヴァプールはチェルシーとの大一番を迎えるワケですが、その事に関するツイートは無し!ワンダーアンバサダーさぁん。。。
まあ、また余計な事言って炎上する恐れもあるので、レース前にヘタに関わらないのが得策かもしれません。

いよいよ出走。心なしか顔が強張ってます。

レース本番

ついに、その時がやってきました。
ワンダージョッキーはゼッケン1番。紺色の帽子に紺色のウエア、白のパンツ。騎乗するのはグレーの馬体のCalder Prince号です。


スタートこそ出遅れますが、インコースから猛追。トップに立ちます。
おお!ワンダーボーイ期を彷彿とさせるスピード。

ゼッケン3の馬と一騎打ちの様相。ラストスパートをかけます。しかしスタミナ切れか。徐々に徐々に引き離され、最終的には大差をつけられてしまい、2位でフィニッシュ。
最後グズグズなのは、らしいというかなんというか・・・

しかし!
実はこれまで本格的な騎乗経験は無く、このレースのために数ヶ月前から練習を始めたのだそう。
それで2位という結果は十分に立派でしょう。

かなり様になってます。さすがは元ワンダーボーイ。その運動能力は伊達ではありませんね。37歳、衰えしらずです。

うん。

で?

今後とも生暖かく見守りますか。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ワンダージョッキー見参!」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    はじめまして。
    ワンダーキッドもすっかりただのおっさんに……。オーウェンは私とリヴァプールを結びつけてくれたプレイヤーなので、いまだにすごく思い入れがあります。個人的には、いまやスーパーレジェンドとなったジェラードよりも、特別な存在です。そのキャリアは、当初の期待値からすればいろんな意味で残念のひと言ですが、本人的にどう認識してるのか気になるところです。最近のやらかしぶりをみると、あまり深く考えてなさそうですが……。
    まあ何はともあれ、慣れない騎手とかやってガラスのハムストリングを痛めなかったようで何よりです。
    これからもちょい辛めのユーモアと愛情に溢れた記事を楽しみにしています。

    返信
    1. Miya 投稿作成者

      コメントありがとうございます!
      僕もきっかけはオーウェンでした。日韓W杯からなので、すぐにいなくなってしまいましたが、ずっと心に残ってる選手です。復帰の噂に心躍らされたのも遠い昔。
      アンバサダー就任、これで雪解けかと思いきや・・・。恐らく天然なんでしょうねえ。
      これからもオーウェンに新たな動きがあれば取り上げていくつもりです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。