【選手】ジョルジニオ・ワイナルドゥム

2017-10-07

選手紹介コーナー。今回はジニこと、ジョルジニオ・ワイナルドゥム。
豊富な運動量で攻守に渡り大いに貢献。目立たない役割が多いけれど、ビッグマッチでは決定的なゴールをいくつも決め、絶大なインパクトを残しています。
また、その爽やかな笑顔が大人気の選手ですね。

プレースタイル

トップ下やウインガーでのプレー経験もありますが、リヴァプールでは主に中盤センターでプレー。アンカーの位置でも出場したりとユーティリティ性の高い選手ですね。
現状、手薄なサイドバックも出来るんじゃないかと密かに期待してたり。。。
元々は攻撃力を評価されてきた選手ですが、リヴァプールでは豊富な運動量を活かし、黒子役として守備でも重要な役割を担っています。

オランダのエリート

サッカー大国オランダの名門、フェイエノールトで16歳でプロデビュー。これはフェイエノールトの最年少出場記録です。
同じくオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍、10番を背負いキャプテンも任されています。
PSVからプレミアリーグ、ニューカッスルに移籍。ニューカッスルが降格した2016年夏にリヴァプールに加入しました。

U-17から代表にもコンスタントに呼ばれ、21歳でフル代表デビュー。
ブラジルワールドカップでは3位決定戦でゴールを決めるなど、勝利に貢献しています。
ここのところ低調なオランダ。救世主となる事が出来るでしょうか。

いいヤツ

とにかく笑顔が印象的な選手ですね。高校球児のような爽やかさ。
トレーニング中の写真を見てもいつも明るい。とても人懐っこい性格のようですね。

たまたまリヴァプール市内のスポーツショップに行った際、店内にいたリヴァプールファンの少年に、スパイクを買い与えるといった男前なエピソードもあります。

周りへの気遣いも忘れないタイプのようで、SNSでもチームメイトによく絡んでます。

移籍してきたアレックス・オックスレイド=チェンバレンを歓迎。

ロリス・カリウスの誕生日を祝福。

女子オランダ代表を祝福したりも。

ワイルドな一面

ユニフォーム姿は実に爽やかですが、私服は結構ワイルド。

これは別の意味でワイルド。

そもそも昔はこんなでした。

この仏頂面、今とは全然違いますね。若い頃は結構トンガってたのでしょうか。

ここ一番の勝負強さ

いつもニコニコしていて柔和なイメージですが、芯はしっかりしているようで、メンタル面でも非常に頼もしい選手。
マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナルという強豪相手に、チームを救う値千金のゴールを何度も決めています。

16-17シーズン最終戦、勝てば4位でCL出場、負ければ5位でELという正に運命の分かれ目な一戦。ここでもチームを救ったのはジニのゴールでした。
経験豊富な選手が少なく、固さが見えるリヴァプール。0-0のまま推移する前半。選手にもファンにも焦りが見え始めます。
そんな空気を一変させたのが、前半終了間際のジニのゴール。最高のシチュエーションでの先制点でした。
結果は3-0と完勝でしたが、それは前半のうちに点が取れて、固さが抜けたからでしょう。
0-0のまま後半を迎えていたらどうなっていたか分かりません。
もしかしたら今後数年のリヴァプール運命を左右する1点だったかも。

もはや大事な試合の度にジニに期待するようになっています。これからも値千金のゴールでチームを救ってください!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。