【選手】ダニエル・スタリッジ

2017-07-04

選手紹介コーナー。今回はダニエル・スタリッジ。ずば抜けた得点能力を誇る天性のストライカーですね。
13-14シーズンにはルイス・スアレスとのコンビ「SAS」が大ブレイク。一大旋風を巻き起こしました。
スアレス移籍後はFWの柱としての活躍が期待されていましたが、ここ数シーズン、様々な問題が重なり思うような活躍が出来ていません。
悩める天才の素顔、そして未来とは。

プレースタイル

チームメイトが口を揃えて称賛する、ハイレベルなテクニック。
シュートはもちろん、パス、ドリブルも非常にクオリティが高くチャンスメイクにも長けています。
ウイングでのプレイも可能ですが、本人はFWでのプレイが好きなようです。

攻撃には抜群のセンスを発揮しますが、守備はサボりがち。この事がクロップの戦術への適応の懸念点となっています。

怪我の戦い

スタリッジの代名詞となってしまった感がある怪我。
離脱している期間の方が、出場可能な期間より長く、復帰したと思った、すぐに負傷。復帰時期は未定という悪いサイクルが続いています。
特に臀部の怪我が深刻で、2015年にはアメリカで根治させるための手術を受けていますが、劇的な改善には至たらず。
高給取りな割に稼働時間が短く、コストパフォーマンスが低いため、放出の噂も後を絶ちません。

ダンス

スタリッジといえば、もう一つの代名詞、ダンス。
ゴール後のクネクネパフォーマンスは超有名ですね。
やっぱりやってみたくなるのか、コラボも実現しています。

モレノは上手いとはいえないけど、さすがラテンの血か。ノリでカバー。

一方キャラガー・・・

ダメだ。そりゃそうでしょう。むしろキャラガーがダンス上手かったら引く。

子供と一緒に踊ったり。

この構図、完全に日本の幼児番組だよなあ。

本人がいないところでも・・・
クロップがファンの子供にリクエストされ、恥ずかしそうに踊ってます。

下手。

とにかく大人気のスタリッジダンス。他にもファンや選手達の「踊ってみた」的な動画が多数アップされています。

チームメイトになるかも?アレックス・オックスレイド=チェンバレン。

歌も上手いみたいです。

意外と美声。

繊細な性格

獲物を狙う獣のような眼光。ダンスの時のふてぶてしい表情からは想像がつきませんが、実はナイーブな性格のようです。
ジェラードは自伝でスタリッジの事を時折背中を押してやる必要があると語っています。怪我の不安を抱えるスタリッジを、出場させるために時間をかけて説得していたようです。

優しい一面も持っているようで、結構後輩思いなところがあります。

U20ワールドカップで優勝したイングランドの後輩二人を祝福。

トレーニング中の微笑ましい光景。

Some of his skills today were outrageous… @pedroch68

Daniel Sturridge – Dstudgeさん(@iamdanielsturridge)がシェアした投稿 –

移籍してしまったジョーダン・アイブとは特に仲が良かったようですね。

Vibing with my bro . #foe #vo @jordon_ibe Seh nada Fam

Daniel Sturridge – Dstudgeさん(@iamdanielsturridge)がシェアした投稿 –

同ポジションのライバル関係にあるオリギも、スタリッジが励ましてくれると語っていた事があります。
近寄りがたい雰囲気も持っているかもしれませんが、それも繊細さゆえでしょうか。

オシャリッジ

とにかくオシャレ。インスタグラムでは、その冴えまくる着こなしを見る事ができます。

Football genes come from him. #grandad

Daniel Sturridge – Dstudgeさん(@iamdanielsturridge)がシェアした投稿 –

🌊

Daniel Sturridge – Dstudgeさん(@iamdanielsturridge)がシェアした投稿 –

Since day one. Love you cous, happy bday ❤ @shezzab1

Daniel Sturridge – Dstudgeさん(@iamdanielsturridge)がシェアした投稿 –

Giving GOD the glory for all the blessings in my life ❤

Daniel Sturridge – Dstudgeさん(@iamdanielsturridge)がシェアした投稿 –

@dstudgehats coming soon…

Daniel Sturridge – Dstudgeさん(@iamdanielsturridge)がシェアした投稿 –

@dstudgehats coming soon…..

Daniel Sturridge – Dstudgeさん(@iamdanielsturridge)がシェアした投稿 –

The summer of sport. Football nouveau. @Nikelab x @olivier_rousteing . #NikeLab x N98. @schonmagazine

Daniel Sturridge – Dstudgeさん(@iamdanielsturridge)がシェアした投稿 –

クロップ政権での未来

怪我、そして戦術とプレースタイルとのミスマッチから、一時は放出確実とまで言われていました。
しかし16-17シーズンの終盤に戦線に復帰。4位フィニッシュに貢献する活躍を見せ、夏の移籍市場での放出の噂はほとんど聞かなくなりました。

クロップは常々、スタリッジへの信頼を口にしているし、スタリッジはクロップとの関係は良好、自分の将来に関しては心配していないと語っています。
これは両者の間できっちりとコミュニケーションが取れていると考えて良いのではないでしょうか。

17-18シーズンからはロベルト・フィルミーノが9番を付ける事が決まり、FWのファーストチョイスとしての地位は揺るぎないように思えます。
クロップと話し合い、そういった状況を理解した上で残留を希望しているのであれば、うれしい事です。
怪我の不安も大きいので、自身のコンディションを理解した上で、起用法を考えてくれるクロップの下でプレーするというのも、賢明な判断かもしれません。

試合数が多いので出番はいくらでも回ってくる事でしょう。スタリッジほどの実力ならば、ポジションを奪う事も不可能ではないハズ。

16-17シーズン終盤の働きは引いた相手に対する、切り札となれるような可能性を示すものでした。
スアレスがノリッジをボコボコにしたように取るべき相手に対して容赦なく点が取れるかも。
フィルミーノ、あるいはオリギ、イングス、ソランケとの2トップがもしかしたらSAS並みの破壊力を発揮するかも。
ヨーロッパリーグの決勝で見せたような、ここぞという時にキッチリと点を取る活躍も期待できます。
決定力はチーム1。ハマれば実に頼もしい存在です。

まずは怪我をしないよう万全の体つくりですね。シーズンフル稼働・・・はちょっと現実的ではないけど、3分の2でもいてくれたら本当に助かります。

この記事が気に入ったらシェアしてね!