新シーズンに期待したい事

2017-08-10

今週末、いよいよ17-18シーズンプレミアリーグが開幕します。
熱い戦いの季節がまた始まりますね。
昨シーズン序盤こそ絶好調。優勝すら意識し始めますが、年明け以降まさかの大失速。絶望を味わいます。しかし最終的には4位と、一定の成果を得られたのではないでしょうか。

クロップ体制で迎える二度目の開幕。今年は更なる成果を得られるといいですね。
新シーズンに期待したい事を簡単に綴ってみました。

取りこぼしは3回まで

取りこぼしのリヴァプール。これ、プレミアリーグのファンの共通認識。
毎年のように発生する伝統行事。
もうね、「取りこぼしを無くす」っていうのは無理。「好き嫌いを無くす」っていうのと同じくらい無理。

それに・・・
なんだかんだ、強豪をボコボコにしたかと思ったら、格下にコロっと負ける、そんな安定感の無い、いやむしろ、それがリヴァプール的安定ともいうべきネタ感が好きなんですよ。

毎回1-0で手堅く勝つリヴァプールなんてリヴァプールじゃない。
とはいえ、タイトルを獲得するためには、取りこぼしは減らしたい。

ここは現実的な線として、
3回まで!3回までなら取りこぼしてもなんとかなる!

ちなみにクリスタル・パレスとサウサンプトンに負けるのは織り込み済み。

野戦病院廃業

もう既に開業してる気も気もしますが・・・
とにかく怪我人が多いリヴァプール。CL本戦を戦う事を考えると、これまでのように年末あたりから怪我人続出という状況では、どう考えても枚数が足りない。
上手い事ローテーションして、コンディションを保ってほしいものです。

フィットネスコーチのアンドレアス・コルンマイヤーや、栄養士のモナ・ネマーの登用など、選手の体のケアにも重点を置き始めたリヴァプール。
チーム一丸となって怪我人0を目指してもらいたいですね。

スタリッジをなんとかしてやってください。

あと怪我人といえばダニー・イングス。
彼の復活も期待しています!

若手の覚醒

何人かはローンに出る事になりそうですが、ドミニク・ソランケ、ライアン・ケント・オビエ・エジャリア、マルコ・グルイッチ、シェイ・オジョ、ハリー・ウィルソンらの若手の覚醒に期待したいですね。

さらに
既にKOPのアイドルとなっている、トレント・アレクサンダー=アーノルド、ベン・ウッドバーンの10代二人。昨シーズン以上の活躍を見せてくれる事でしょう。

そして
近年アカデミーの改革にも着手し始めたリヴァプール。その成果も現れ始める頃ではないでしょうか。 U18を率いるのは、スティーブン・ジェラード。新たなスーパースターの登場を期待せずにはいられません。

誰か「ナビ・ケイタ?誰だっけそれ?」って言わせてくれ!

ネタキャラの覚醒

ネタキャラというと絶対エース、アルベルト・モレノがいますが、コロ・トゥーレが去り、シモン・ミニョレが安定し始めた今、層の薄さは否めません。
今のところ強烈なキャラクターの補強は無さそう。

しかしクロップの言葉を借りるなら、「今のメンバーに満足している。」
まだまだ本領を発揮していないだけで、現メンバーにも面白キャラはいます。

まず筆頭はビックリ顔でおなじみマルコ・グルイッチ。
かなり天然っぽいので安定感は無さそうだけど、ハマった時の爆発力は凄そうです。

のほほんとした能天気キャラ、ジョエル・マティプ。
いつもおっとり。こちらは安定感抜群の癒しキャラです。

クールな伏兵、ナサニエル・クライン。
目立たないけど、よく見ると妙に面白い位置にいる。その渋いポジショニングに注目です。

#bruhh

Nathaniel Clyneさん(@nathaniel_clyne)がシェアした投稿 –

意外とお茶目なダニー・イングス。
無骨なイメージですが、ピッチ外では意外にも顔芸職人でした。

Everyone loves our goof 😂😋❤️ @ingstagram10

Danny Ings Fan Page ⚽️❤️さん(@dannyingsfanpage)がシェアした投稿 –

What a legend 😂😂 @ingstagram10

Danny Ings Fan Page ⚽️❤️さん(@dannyingsfanpage)がシェアした投稿 –

最後。ここ最近、急にはっちゃけ始めたジェームズ・ミルナー。
左サイドバックだったり中盤だったり、ポジションも含め、彼の今後の方向性から目が離せません。

もう一つ・・・
危険なネタですが、アダム・ララーナとジョーダン・ヘンダーソンの怪しい関係にも注目しておきましょう。

皆さん。プレー以外でも楽しませてください!

タイトル

やっぱ一番期待したいのはこれでしょう!
もちろんリーグ優勝してほしい。
でもそれは今年じゃんなくても、待てます。
クロップの指導の下、着実にチーム力をアップさせ、数年の内に獲れればいいです。
まずは2つのカップ戦で優勝したいですね。

そしてCL。
前回のCLは残念な結果に終わってしまったので、今回こそ、リヴァプールの欧州の舞台への帰還を高らかに宣言してください!

・・・何故だろう。
プレミアよりCLの方が難易度が低く感じるのは。
そしてCLの最大の難関がプレーオフな気がするのは。

時折、爆発的な強さを発揮するリヴァプール。
トーナメントの方が可能性を感じるのかもしれません。

クロップ就任後、決勝で敗北という辛い経験を2度もしています。
今年こそは勝利の美酒に酔わせてください!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。