元レッズ戦士達のCL

2017-09-28

チャンピオンズリーグ。
観戦はリヴァプール一択ですが、他の会場にも目を向けてみると、元リヴァプールの仲間達のなかでも何人か、この欧州最高峰の舞台に勝ち上がって来た選手たちがいます。
決勝トーナメントで顔を合わせる事もあるかもしれない、かつてのレッズ戦士達の戦い。ちょっとだけ紹介したいと思います。

ナポリ対フェイエノールト

一昨日の記事でも紹介したペペ・レイナとブラッド・ジョーンズの守護神対決は、地力の差が出たか3-1でナポリの勝利。
レイナ、ジョーンズは二人ともフル出場しています。

マンチェスター・シティ対シャフタール・ドメツク

えっと誰だけアイツ・・・シティの7番。
名前が出てこない。

えーっとえーっと・・・

まあ、いいか。

なんかゴール決めたらしいです。
2-0でシティの勝利。

ドルトムント対レアル・マドリード

クロップの古巣ドルトムント。ちょっとだけリヴァプールにいたヌリ・シャヒンも所属していますね。
やはり王者の壁は厚かったか、1-3でドルトムントの敗北。

シャヒンは先発出場。後半途中でピッチを退いています。

ベシクタシュ対ライプツィヒ

おま・・・いたのかよ!?
記憶には残る男、ライアン・バベル。
ベシクタシュの8番としてちゃっかりCLに出てました。
先発フル出場。ちゃっかりゴールも決めちゃってます。

2-0でベシクタシュの勝利。
モナコ、ライプツィヒと大躍進を遂げたクラブがひしめくグループの中でちゃっかり首位に立っています。
実力なんだけど、なんだかちゃっかりって言いたくなるバベルさん。

ライプティヒには来夏から加入するナビ・ケイタがいますね。
ケイタは先発出場。イエローカードを受け、その影響か、途中でピッチを退いています。

セルティック対アンデルレヒト

ブレンダン・ロジャーズ前監督率いるセルティックはアンデルレヒトに3-0。
パリ・サンジェルマンに0-5と大敗した悔しさをちょっとだけ解消する完勝です。

PSG、バイエルン・ミュンヘンと同組で、グループステージ突破はかなり困難と思われますが、番狂わせを起こせるでしょうか。

アトレティコ・マドリード対チェルシー

フェルナンド・トーレス擁するアトレティコはチェルシーに1-2の敗戦。

トーレスは後半20分過ぎ、チェルシーに同点ゴールを浴びた直後に投入されます。
しかしヒーローになる事は出来ず、逆に試合終了間際にチェルシーが得点。
悔しい逆転負けとなってしまいました。

バルセロナ対スポルティング・リスボン

非常に腹立たしいバルセロナですが、ルイス・スアレスとハビエル・マスチェラーノが所属していますね。
アウェーの地で堅守に苦戦するも1-0の勝利。
フリーキックからスアレスがそらしたボールが相手に当たりオウンゴール。これが決勝点となりました。

マスチェラーノには出番がありませんでした。

第2戦を終えて

元リヴァプールの選手が所属するクラブの中では、悔しいかな、やはりバルセロナが強いですね。
驚きなのがベシクタシュ。対戦してみたいな~。

そしてリヴァプール以外のプレミア勢が順調です。チェルシー、トッテナム、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドは皆、2連勝です。リヴァプールもしっかりしてくれよ!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

元レッズ戦士達のCL」への2件のフィードバック

  1. YU

    あれ?シティに元リヴァプールの選手なんていましたっけ?

    返信
    1. Miya 投稿作成者

      あれ?いた気がするんですけど、思い出せない・・・気のせいですかね。

      返信

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。