エムレ・ジャン執念のドタバタ劇

2017-07-08

つい先日まで行われていたコンフェデレーションズカップ2017。
リヴァプールのエムレ・ジャン擁するドイツ代表がチリ代表を下し、優勝を飾っています。
ジャン、おめでとう!
ジャンは決勝戦にも出場し、ある意味大活躍。その執念のプレーが話題を呼んでいます。

ドイツが1-0でリードしたまま、後半アディショナルタイムに突入しようかという時間帯。
ジャンはボールをキープしようとしますが、相手選手と接触し転倒。
しかしボールはまだ足元に。

このまま行けばドイツの優勝が決まる!
絶対に渡さんとばかりに、股の間に挟んでボールを死守。
これに対し焦るチリの選手たちは激怒。数人掛りでボールを奪いに行きます。
ケツ見えそう。

そして両軍入り乱れての大乱闘劇へ・・・。

亀のように体を丸める絶対防御。
小学校の体育のサッカーで、こういう事やるヤツいたなあ。手使ってないからOKだって自信満々だったけど、ダメっぽいよ?

てか途中から手使ってるし。審判は笛何度も吹いてるけど、お構いなし。
もはや何の競技だか分からん。

これとか完全にプロレス。このまま持ち上げて頭から叩きつけるヤツ!

どうしても1点が欲しいチリの選手はヒートアップ!
一方、一応加勢に駆けつけたドイツの選手は・・・

呆れ気味。
特に右端、遠くから見てるビブス着けた選手の視線が冷たい。

ジャンはそんな事には気付くはずも無く、もはや完全に手を使いボールをキープ。すさまじい執念。
まるで捨て犬を拾ってきたけど、親に飼う事を許してもらえない子供のようだ。

「絶対面倒見るから!」

この一連のドタバタ劇によって、ジャンにイエローカード。
なんか審判に文句言ってるみたいだけど、当然だ!

相手GKにもイエローカード。
そういえば、ペナルティエリアから結構離れた位置だったけど、早い段階で乱闘に参加してたな。
コイツ、マンチェスター・シティのブラボか!
ふむふむ、プレミアでのリベンジマッチが楽しみだ。

いやーよくイエロー二枚で済んだな。

ジャンの執念の甲斐もあって?試合はこのままドイツが逃げ切り1-0の勝利。

大立ち回りを演じ、ある意味この試合の主役だったジャン。
セレモニーでも、それに相応しい堂々たる主役っぷり。

キャプテンですか?

まあちょっとカッコ悪かったけど、それだけ勝ちたかったって事ですね。
おめでとうジャン率いる(率いてない率いてない)ドイツ代表!

ジャン、ゆっくり休んで戻ってきたら、プレミアでもガッツ溢れる活躍を見せてね。あとさっさと契約延長にサインせい!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。