ダイク祭り!エヴァートン戦

2018-01-06

最高のデビュー!
早朝に行われたFAカップ3回戦、エヴァートンとの一戦は2-1でリヴァプールの勝利!
お待ちかねのビルヒル・ファン・ダイクがいきなりやってくれました!
守備に、そして攻撃にも大奮闘。ようこそリヴァプールへ!

スタメン

ファン・ダイクと愉快な仲間達。

バチバチ!前半

さすがダービーというべきでしょうか。そこかしこで激しいぶつかり合いが。もつれ合ったり、倒れこんだりのケンカサッカー。
熱くなるのはいいけど怪我には気をつけて・・・

前回の対戦では敵将アラダイスお得意のドン引きによって、しょっぱい試合となってしまいましたが、今回はかなりアグレッシブに来ましたね。
こういう試合では、強靭なフィジカルとガッツがあるエムレ・ジャンの存在が頼もしい。雑なプレー?知らん。

あくまでも宿敵のウェイン・ルーニーにイエロー。あ、ヒール見っけ。
やったろうじゃないか!中盤での激しいせめぎ合いが続きます。

主導権はリヴァプールにあるものの、シュートまでは持っていけず。エヴァートンも時折りカウンターで鋭い攻撃を見せますが、そこはファン・ダイク。難なく守りきります。
アンドリュー・ロバートソンもメチャクチャ頑張ってた気がしますが、多分ファン・ダイク効果です。

サディオ・マネのミドルなどがありつつも、決定機はなかなか作れず。そんな中、復帰後まだ本調子には至らず、しかも髪型がやたら不評なアダム・ララーナが魅せてくれました。

ペナルティエリア内で、さすがのエロいタッチからの反転。すると相手選手がたまらず体を掴んで、倒してしまいます。PK獲得。ララーナ、完全復活目前か!?

キッカーはなんだかんだでやっぱりこの人、ジェームズ・ミルナー。
はい、ありがとうございます。

1-0。

そういえばミルナーのPK不敗神話はまだ生きてます。
よしよし。これで負けはなくなったぞ。

1点取られた事でさらに荒くなったかエヴァートン。
ロベルト・フィルミーノが突き飛ばされ、そのまま客席へダイブ。これには朗らかなフィルミーノもさすがに激怒。

この不貞腐れた表情、完全にヤンキー。フィルミーノが怒るってよっぽどだかんな。
ダービーならではと言えばそうだけど、らしくないぞ。

ここでフィルミーノの「らしい」画像でお口直し。

Alô dono do bar Puxe uma moda🎵

ROBERTOFIRMINO9さん(@roberto_firmino)がシェアした投稿 –


・・・。逆にもたれたかも。

スタジアムは一時騒然となりますが、カードは無し。おいおい審判が見てないとこならOKてか?プロレスじゃないんだから。

試合はその後、ロボのナイスなクロスなどありつつも、追加点は奪えず1-0で前半終了。

ダイク!後半

よーし後半もバチバチ行くぞー、と思ったら早い時間にルーニーが交替。あ、ヒール帰っちゃった。

ルーニーがいなくなったからといって油断は出来ません。むしろ代わりに入って来たヤツ、なんか速そうだし要注意か。はやく追加点が欲しい。

アレックス・オックスレイド=チェンバレンのコーナーキックに、待っていたのはジョー・ゴメス。位置取りは完璧。しかしミートし切れず。

ララーナがスルーパスに抜け出し、シュートを放つも枠の外。相手がすぐ後ろに迫ってたしキツかった。

ロボが切り込んでクロス、と思いきやシュート。結構いいの蹴りました。しかし相手GKが好セーブ。

チェンバレンのフリーキックから来たー!ファン・ダイク!
ドンピシャで合わせましたがGK正面。
しかしこれはかなり可能性を感じる。

マネがエリア内に切り込み。お、マネのこういうの久々に見た。いいぞーと思ってたら、その直後。

あ、綺麗にカウンター決められた。

1-1。

引き分け再試合は勘弁。攻撃的な選手を投入し、追加点を奪いに行くリヴァプール。
ここで意外な選手がベンチに下がります。ゲームキャプテンのミルナー。
そしてアームバンドはジャンに託されます。
初かな?よしこうなりゃ肉弾戦だ。イエロー1枚くらい喰らってもかまわん。ゴリゴリ行くぞ!

残り時間はあと僅か。なんとか1点を。
CK。キッカーはチェンバレン。リーグ戦では、セットプレーから決勝点を演出しているし、この試合でも結構いいの蹴ってます。期待。

よし!いいの来た!
そして今度は完璧、ファン・ダイク!

2-1。

胸のエンブレムを叩き喜びをアピール!
そして点を決めた選手の写真に高確率で写りこむジャン。

その後は危なげなく守りきり、2-1で試合終了。

チェンバレン、ロボの奮闘、マネ、ララーナに復調の兆し。色々ありましたが、この試合はとにかくファン・ダイクですね。デビュー戦で上々の守備を見せたどころか、決勝点まで記録。しかもそれがマージーサイドダービーなんて。今後、語り草になりそうです。

まあ、この1試合ですべてを判断するのは早計でしょう。たった一人の加入で失点が激減するなんて、そんなムシの良い話はそうそうあるもんじゃありません。その内、伝統のお笑いディフェンスもひょっこり顔を出す事でしょう。

決して浮かれてはいけません!

でも今日に限っては・・・

ファン・ダイク最高!

ボス、デレデレじゃないすか。

決勝点アシストのチェンバレンは改めてリヴァプールへの加入を歓迎。

同郷のレジェンド、ディルク・カイトも祝福してます。

これもきっとファン・ダイク効果。うん、そうに違いない。

さあ、非常にテンションの上がる勝ち方をしたリヴァプール。
次の試合はマンチェスター・シティ。張り切ってまいりましょう。
あ、シティもファン・ダイク欲しがってたんだっけ?ゴメンね。ファン・ダイクいるからリヴァプールが勝つわ。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

こんな記事もどうでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。