ヘルタ・ベルリン戦にむけて

2017-07-29

香港ツアーを終えたリヴァプール。帰国してゆっくりする間も無く、今度はドイツでキャンプを行っています。
日本時間の明日、午前1時からは、プレシーズンマッチ第5戦目となるヘルタ・ベルリン戦がキックオフ。
トレーニングの様子をお届けすると共に、注目ポイントをピックアップしたいと思います。

デビューなるか!?

新加入の左サイドバック、アンドリュー・ロバートソン
まだチームに合流して間もないですが、ジェームズ・ミルナーが負傷中という事もあり、出場はほぼ間違いなさそうです。

あまり派手なプレイヤーではないようですが、補強の必要性が指摘され続けてきた左サイドバック。要注目です。

聞くところによると、なかなかいいクロスを持っているようです。
ここのところクロスからの得点が少なかったような気がします。リヴァプールの攻撃に新たなオプションをもたらしてくれるのでしょうか。

本人も気合十分。虎視眈々とチャンスを窺うこの表情。
いや、なんだこの体勢。蛙か土下座か。

復活のピッチへ!

怪我により、長い間チームを離れていたサディオ・マネダニー・イングス。
フルトレーニングに復帰し、今回のドイツ遠征にも帯同しています。

マネ、調子良さそうです。

表情もいいですね。試合にも出場可能なようです。まずは慣らし運転でしょうが、久しぶりに自慢のスピードを見せてもらいたいですね。

イングスも充実感が伝わる表情。

試合形式のトレーニングにも参加していますが、実践復帰はまだ先になりそう。
とはいえトレーニング中の表情を見る限り、コンディションは上がってきているようです。

移籍報道をぶっ飛ばせ!

またしても出てきたフェリペ・コウチーニョのバルセロナ移籍の噂。バルサと個人合意か?という報道が出て、一瞬盛り上がりましたが、コウチがクロップにリヴァプールで幸せだと伝えたという報道で、一気に沈静化。
そもそもバイアウト条項が無いんだから、個人合意って何の意味も無いのでは?

この表情、移籍したくて不満を燻らせている選手には見えませんね。
とはいえ、バルサのアタックは今後も続きそうなので、ここは一つ、大活躍してリヴァプール魂を見せてください!

あ、大活躍したら、ますますバルサが熱心になるのか。
でもどんなに熱心に誘われてもコウチなら大丈夫。ブレない男です。

もう一人、移籍の噂があるのが、ユヴェントスからの関心が伝えられているエムレ・ジャン。
現在も契約延長の話が纏まっておらず、コウチに比べると移籍の可能性が高そうです。

しかし表情を見る限り、移籍したがっているとは思えませんね。
幸せそうだし、クロップへの信頼も窺えます。

「はい!監督!」と挙手をして積極的に発言。(違)

コンフェデレーションズカップ後の休暇で、チームに合流が遅れていたジャン。
リヴァプールでの試合はかなり久しぶりですね。
大活躍して、リヴァプールに必要な選手だって事を証明してください。
そして契約延長はよ!

125周年

リヴァプールと同じ1892年に誕生したヘルタ・ベルリン。
この親善試合には両クラブの125周年を讃えるという意味もあります。
試合前には何かしらのセレモニーがあるかもしれませんね。
またサポーター雰囲気にも注目です。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。