レスター戦にむけて

2017-07-22

本日、7月22日、21:30分よりプレシーズンマッチ第4戦、アジアトロフィー決勝、レスター戦が香港にてキックオフとなります。
週末の早めの時間帯という事で観戦する方も多いのではないのでしょうか。
トレーニングの様子なども交え、注目ポイントを綴りたいと思います。

トレーニング

トレーニングの写真を見ながら、注目選手をピックアップしていきたいと思います。

キャプテン、ジョーダン・ヘンダーソンジェームズ・ミルナー。
二人とも調子が良さそうです。
前の試合と同様、前後半に分けて出場し、それぞれキャプテンマークを巻く事になるのでしょうか。
チームを引っ張る二人に期待です。
特に怪我から復帰し、前の試合で素晴らしいパスを供給しまくっていたヘンドには要注目ですね。

その圧倒的なスピードで早くもファンの心をガッチリ掴んでいるモハメド・サラー。
この先、チームにフィットしていくと共に、パフォーマンスも更に向上していくことでしょう。

スピードならアルベルト・モレノも負けていません。
プレミアでも屈指の快足サイドバックだと思いますが、放出が濃厚。
同ポジションにアンドリュー・ロバートソンの獲得が決まった今、その流れは一気に加速してしまうかもしれません。
まだチャンスはあると信じ、頑張ってもらいたい。

前後半でメンバーをガラリと入れ替えて試合を行っているプレシーズンですが、前の試合ではゴールキーパーのみ交代なし。シモン・ミニョレがフル出場しています。

やはり今のミニョレからポジションを奪うのは困難か。
ロリス・カリウスの出番があるのかどうかも気になるところですね。

そして、もう一人のGK、ダニー・ウォードも。彼にはローンの話もあるので、プレシーズンのパフォーマンスが去就に大きく影響しそうですが、どうなるか。

笑顔でサインに応じるダニエル・スタリッジ。
前の試合ではドミニク・ソランケとディボック・オリギという後輩ストライカー二人がゴールを決めました。
彼もウカウカしていられませんね。

マルコ・グルイッチもサインに応じながら、カメラに向かってスマイル。
なんだか底知れぬ大きさを感じる表情です。
まだまだ粗さを感じますが、時折りアッと驚くようなプレーをするグルイッチ。今日も楽しませてください。

相手はレスター

同じプレミアリーグ所属のレスター。
不調が続いた昨シーズン。リヴァプルールとの対戦の前に、監督解任という荒療治を行っています。

「なんとまあ、早まった事を。」

と、思ったものですが、この荒療治がキッチリ功を奏し、手痛い敗戦を喫してしまいました。
お陰でリヴァプールはチャンピオンズリーグ出場権獲得が最終節まで決まらず、非常にヒヤヒヤさせられました。

あと一試合まってくれれば・・・

ほんとなあ!お前らが早まった真似しなければ、もっと早くにCL決まって、俺の寿命は縮まなかったし、アーセナルのファンに逆恨みされる事も無かっただからな!

という、こっちの方が、よっぽど逆恨み。
そんな負のオーラも発しながら観戦したいと思います。

そしてレスターには日本代表の岡崎慎司も所属していますね。
会場が香港という事で日本から応援に行く方も結構いるのではないでしょうか。
欧州屈指の名門vsアジアの英雄擁する元プレミア王者。興行的には一番美味しい形になりましたね。会場はきっと素晴らしい雰囲気になるでしょう。
リヴァプールvsクリスタル・パレス戦の前に行われた、レスターvsWBA戦のスタンドにはリヴァプールのユニフォーム着た観客だらけで、レスターのファンと思しき人は少なかったという情報もありますが・・・きっとアレだ!平日だったからだ。
今回は土曜。香港なら週末利用して弾丸ツアー行けちゃいますからね。きっと日本のファンも大勢いて盛り上がる!・・・でしょう。

岡崎といえばマインツではカリウスのチームメイトでしたね。
ピッチでの再開はあるのでしょうか。
神ウスvs髪薄の対決にも期待です。

タイトル獲得なるか

プレシーズンとはいえ、この試合はアジアトロフィーという名前がついた大会の決勝戦。
勝てば即ち優勝。クロップ政権で初のタイトルとなります。

ん?初タイトルだよな?
去年のプレシーズンはこういうの無かったよな?
バルセロナっていう中堅チーム苛めてたけど、その後マインツっていう超強豪に負けたし、タイトルとか無いよな?うん、獲ってないはず。

同じくプレシーズンでよく分かんない大会に参加しているアーセナルが、優勝してタイトルを獲得したようです。
しかし守護神ぺトル・チェフは、はしゃぐ若手に対し、喜ぶのはもっと大きなタイトルを獲ってからにしようと諭したとか。

・・・カッコいい!
さすが歴戦の兵。勝者のメンタリティーってヤツですか?

でもねファンの立場から言わせてもらうと、獲れるものは獲っときたい!

ほら、もっとトロフィーを掲げる練習だ。

これとか。

取っ手似てるし。

まあ、チェフくらいになると、こんな小さなタイトルって思うかもしれないけど、若手にはいい経験ですよ。
特にリヴァプールは最近タイトルから遠ざかってるし、クロップ就任後に二度決勝で負けてるし。
決勝で勝つ!この事実だけでも十分すぎるくらいの収穫でしょう。

てなわけで、

獲れるものは獲る!
クロップを男にしてやってくれ!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。