新たなスタート!レスター戦

2017-09-24

日本時間の深夜に行われたプレミアリーグ第6節、レスターと試合は3-2でリヴァプールの勝利!
長かった・・・マンチェスター・シティ戦の大敗から続く嫌なムードをようやく払拭する事が出来ました。
久しぶりの勝利は、良くも悪くもリヴァプールらしい大味な展開。非常にスリリングな内容でした。

らしさが復活した前半

怪我で出場が危ぶまれていたセンターバックコンビ、デヤン・ロヴレンとジョエル・マティプが揃ってスタメンに名を連ねました。
これで守備は一安心だなんて思ったら大間違い。主力CBの二人が揃って十分に不安です。がんばって点をいぱい取りましょう。

両チーム共にテンションの高い立ち上がり。リヴァプールはエムレ・ジャンの地を這うような強烈なミドルシュートがポストを叩いたところにモハメド・サラーが詰めて絶好機。
しかしサラーのシュートは枠の外。
決定力が課題とされるサラー。ここは決めて欲しかったですね。

しかし汚名返上の機会はすぐに訪れます。
フェリペ・コウチーニョからのクロスをサラーが押し込み、1-0。
サラーは既に4ゴール目。決定力、無いようである!
コウチのクロスもお見事でした。

さらにコウチがドラマを作ります。
得意な位置からのフリーキックを直接決めて2-0。
不調に喘ぐチームを救うエースの一撃!
ここで決めるか。やはり役者が違いますね。
コウチ自身もこれで気持ちが楽になった事でしょう。
改めてお帰り!

早い時間帯で2点を取り、これは楽勝ムードか?・・・
ってそんなわけは無いでしょう!リヴァプールですから。

レスターは前の試合でも活躍した岡崎慎司がネットを揺らしますが、これはオフサイド。
あぶね~、ザキオカなにすんだ。

落ち着きの無いリヴァプールの守備陣にとって、前線で動き回る岡崎は非常に嫌な存在。
プレスだけでも鬱陶しいのにまーたなんか余計な事してくれました。

前半終了間際、セットプレーのこぼれ球を岡崎が押し込み2-1。
終了間際!セットプレー!
なぜこうも毎回毎回お約束が綺麗に発動するのか。

ザキオカめ~

ええい、この際だ!

ボス!アイツ獲りましょう!

やっぱりらしかった後半

2-1。まったく安心出来ない展開です。追加点が欲しいリヴァプールは後半途中からダニエル・スタリッジを投入。
見事な動きで相手を翻弄します。

するとカウンターからチャンスを演出。ジョーダン・ヘンダーソンにパスが渡ると落ち着いて一人かわしてシュート。
3-1。これで勝負ありか。

いや、そんなハズはありません。直後に失点。3-2。
いやーよく出来てますね~。スポーツは筋書きの無いドラマとよく言ったものですが、これ筋書きあるんじゃないですか?

きっちり失点するんだもん。どちらのファンにも飽きさせず最後までキッチリ楽しませる良心的エンターテイメント。

さらに脚本家の人の筆は絶好調!
ゴールキーパー、シモン・ミニョレがエリア内でファールを与えてしまいPKの大ピンチ。
しかしこれをミニョレがキッチリ防いで自らのミスを帳消しします。さすが神ミョレ。

いや、帳消しにしてねーよ!幾ばくか寿命が縮まったわい。

絶体絶命のピンチを凌ぎ、これで一安心なんてリヴァプールはそんなに甘くありません。
脚本家の人が最後の大玉を仕掛けます。

この日、絶好調だったコウチーニョに替え、アレックス・オックスレイド=チェンバレン投入。

よりによってコイツかい!?

加入と時を同じくして、リヴァプールが絶不調に陥った事から、一部では疫病神などど言われているチェンバレン。
今日も不幸の引き金を引いてしまうのでしょうか。
残り10分。一点差。条件は完璧。
さて、どうなるか見てみよう。

3点目のアシストが素晴らしかったスタリッジが、またもキレキレの動きからチェンバレンへパス。

好機!呪いを自らの得点で断ち切る事が出来るか!?

あらら、綺麗にふかしてバーの上。これアーセナルファンの皆様には見慣れた光景らしいです。

まあ、チャンスは棒に振ってしまいましたが、残り10分、失点しなければ勝てるんです。
余計な事しなけりゃ呪いは消えるさ。

・・・と思ったら。
これが呪いの効果なのか。いやーきっちり余計な事するんですね~。終了間際に足裏見せてファール。危険な位置でフリーキックを与えてしまいます。

終了間際のセットプレー。前半と同じ展開です。ここまで、お約束に忠実にならんでも・・・脚本家の人、いい加減しつこいぞ!

ここはなんとしても防がねば。チームのため、チャンバレンのため・・・幸い大きなピンチにならず凌ぎきり試合終了。
良かったなあ、チャンバレン。コウチと同じで、これでちょっと気持ちが楽になったな。次はいいプレー期待してるぞ。

相変わらずツッコミどころ満載。改善点盛り沢山の試合内容でした。しかしそんな中でも多くの光明が見えたのではないでしょうか。
本当に意味でのコウチの帰還。チェンバレンの呪いからの解放。
スタリッジ、ジャンのパフォーマンスも素晴らしかったと思います。
そして何よりこの試合は勝てたという事が実に大きい。
ここから連勝街道でお願いします!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

新たなスタート!レスター戦」への2件のフィードバック

  1. TERA

    よかったぁ。よかったぁ。本当によかったぁ。以上。

    返信
    1. Miya 投稿作成者

      本当に本当に色んな意味でよかったです!

      返信

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。