打てども打てども・・・バーンリー戦

2017-09-17

昨日行われたプレミアリーグ第5節バーンリーとの一戦は1-1。ホームで痛恨のドローとなってしまいました。
ううむ・・・ここのところフラストレーションの溜まる試合が続きますね。
しかし落ち込んでばかりもいられません。少々胸は痛みますが試合の模様を振り返ってみましょう。

大幅なメンバー入れ替え

先週半ばにはチャンピオンズリーグの試合が行われたばかり。過密日程という事で大幅にメンバーを入れ替えてきました。
CLの試合から引き続き先発で起用されたのはジョエル・マティプ、エムレ・ジャン、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーの4名。
出ずっぱりのマティプが心配ですね。他の3人はポジション的には代わりをこなせる選手はいますが、センターバックに関しては本当に枚数が足りない。しかも他の選手達が、そのパフォーマンスを疑問視されているだけに、マティプが怪我をしてしまうと一気に絶望的な状況になってしまいます。

なんとか冬の移籍市場が開くまでは持ちこたえてくれ、マティプ!

入れ替わりで先発に起用された選手の中で、目を引くのはやはりフェリペ・コウチーニョでしょう。ダニエル・スタリッジとのホットラインにも期待です。

失点同点

試合開始から、ゲームを支配。相手陣内での攻防が続きます。これはゴールが生まれるのも時間の問題か・・・

はい。そうでした。しかし逆側に。

先制点はバーンリー。
圧倒的に攻めているのに、一つのチャンスを確実に物にされるという悪癖をどうにかしないといけませんね。

しかし、その直後。エムレ・ジャンのパスに抜け出したモハメド・サラーが確実に決めて同点。
サラーは日に日に進化していますね。決定力に難ありと言われていますが、それも改善されてきているのではないでしょうか。
ジャンも最近ノッてます。

その後も何度かチャンスはあったものの、追加点は奪えず1-1で前半終了。

シュートの嵐

後半も引き続きリヴァプールペース。追加点を奪うべく大攻勢を仕掛けます。

コウチ、見せてやれ!

スタリッジ、決めてくれ!

サラー、もう1点!

フィルミーノ、頼りにしてる!

ジャン、ミドル突き刺して!

マティプ、CKぶち込んで!

しかしどの願いも届かず。

残り約10分となったところでアレックス・オックスレイド=チェンバレンとドミニク=ソランケが投入されますが、遅すぎたか。そのまま試合終了。

嗚呼・・・1-1。

それどころか、マティプとシモン・ミニョレの頑張りが無ければ、あわや失点という場面もありました。
攻撃は素晴らしいのに、守備がダメだと言われるリヴァプール。今回ばかりは攻撃陣が反省しないといけませんね。

一見するとターンオーバーを用いても磐石に見えるこの布陣。しかしいま一つ足りませんね。
コウチはさすがと思わせる動きもあったけど、まだ試合に入りきれていない印象。
スタリッジも素晴らしい動きは随所に見られたけど、やはりストライカーですから。こういう試合で決めて貰わないと。
クロップの選手交代のタイミングの遅さにも疑問が残ります。

やっぱりマネいないとダメだって言われちゃうぞ!そんなんでいいのか!

落胆を禁じえないけど、まだシーズンは始まったばかり。悪い時期が早めに来たと思う事にしますか。
課題が早めに浮き彫りになったという点は良かったのかもしれません。
さあ、次。がんばって応援しますか。

次こそは頼むぞ!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。