俄然メンバーが気になるマンチェスター・シティ戦

2017-09-09

日本時間の本日20:30から、プレミアリーグ第4節、マンチェスター・シティとの一戦がキックオフとなります。
前節、アーセナル戦に続くビッグマッチ。強豪相手に無類の強さを誇るリヴァプールだけに今回もエキサイティングな試合が期待出来ますね。
ランチタイムキックオフは選手にとっては辛いけど、日本では非常見やすい時間帯。張り切って応援しましょう!

ハードスケジュールの中のメンバー選考

上位争いでの直接のライバルとなるマンチェスター・シティ。大切な一戦ですが、代表ウィーク明けで選手のコンディションが心配です。
さらに来週半ばにはこちらも大切な一戦、チャンピオンズリーグのセビージャ戦が控えています。
選手起用にはどのような影響を及ぼすでしょうか?

中盤はジョーダン・ヘンダーソン、エムレ・ジャン、ジョルジニオ・ワイナルドルムという、アーセナル戦と同じメンバーがスタメンだろうという予想が多いようです。
しかし個人的には代表を引退し、フレッシュな状態のジェームズ・ミルナーを最初から起用してもらいたいですね。
ミルナーにとってシティは古巣。モチベーションも高い事でしょう。

あと、同じく代表を引退しているジョエル・マティプも守備の要として頑張って貰いましょう。

代表で結果を出した選手達

代表に参加せず元気な選手に頑張ってもらいという思いとは矛盾するようですが、代表で結果を出してノッている選手にも頑張ってもらいたいですね。

まずはアンドリュー・ロバートソン。
代表戦でゴールを決め、勝利に貢献しています。
左サイドバックのライバル、アルベルト・モレノは代表に参加していないため元気ですが、CLの対戦相手セビージャはモレノの古巣。しかもヨーロッパリーグ決勝のセビージャ戦では非常に悔しい思いをしているため、ここはCLに全力を尽くしてもらうとして、今日の試合はロボが見たい。

代表ウィークで最も注目を集めたリヴァプールの選手というと、この人でしょう。
ベン・ウッドバーン。

代表デビュー戦となるウェールvsオーストリアの試合。後半、途中交代でピッチに入ると、その五分後にゴール。1-0。ウェールズを勝利に導きました。
続くモルドバ戦でも後半途中から出場し、先制点をアシスト。2-0で勝利に大きく貢献しています。
一躍、時の人となり、ノリにノッている状況だと思いますが、クロップをこれをどう見るでしょうか。
スタメンで出てくるという事は、ほぼ無いでしょう。
ベンチ入りも際どいラインだと思いますが、いたら非常に面白い存在かもしれません。

エジプト代表のモハメド・サラーもゴールを決めています。負傷の情報もありましたが、どうやら大丈夫そう。疲れはあるかとは思いますが、やはりスタメンですかね。

ブラジル代表でゴールを決めたフェリペ・コウチーニョは今節の起用は見送る方針のようです。
コンディションは良さそうですが、チームからはしばらく離れていたので妥当な判断かもしれません。コウチはシティとはかなり相性がいいので少々残念。

そして最も気になるあの男

新加入、アレックス・オックスレイド=チャンバレン。
リヴァプールのプレーヤーとしての初めての公式戦です。

希望通りセンターでの起用なのか、それともやっぱりサイドなのか、はたまたベンチか。

まあ、スタートはベンチでしょうな。

まあ、デビュー戦だし、CL控えてるし後半から出してもらえるんじゃないでしょうか。
その時、センターなのか、サイドなのかポジションに大注目です。
サイド起用、あるいは出番なしだったとしても、それはそれで面白い。ネットは大盛り上がりでしょう。

さあ、キックオフの時間が近づいてまいりました!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。