2017逆転締め!レスター戦

2017-12-31

2017年の最終戦、なんとかなりました。
深夜に行われたプレミアリーグ第21節、レスター・シティとの一戦は2-1でリヴァプールの勝利!
2017年最後の試合を、逆転勝利というテンションの上がる形で終える事が出来ました。内容的には反省点もありましたが、選手、監督ともにかなりテンションが上がっているようです。

ガチメン

意外や意外。ターンオーバーを用いてくると思っていたこの試合、ガッツリ主力選手を投入してきました。
サディオ・マネ、モハメド・サラー、フェリペ・コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノのファブ4揃い踏み。
後方も怪我明けのジョエル・マティプを連続で起用してきました。出ずっぱりのアンドリュー・ロバートソンも心配です。

唯一いつもと違うのがゴールキーパー、ロリス・カリウス。チャンピオンズリーグの試合までは、まだ間があるので試合勘をキープさせようという意図でしょうか。

やっちゃったよ前半の前半

この試合、1月1日からの加入が決まっているビルヒル・ファン・ダイクがスタンド観戦。

リヴァプールを選んでくれたファン・ダイクにカッコ悪いところは見せられませんね。

立ち上がり。おいおいよく見てなかったけど、いきなりピンチだったっぽいぞ。
試合に入りきれてなかったろ?こっちも入りきれてなかったわ。

さあさあ、締まっていこー!と思ったら・・・

ええええぇ!?

いきなりやってもうた。マティプの不用意なパスを攫われあっさり被弾。

0-1。

・・・。

こ、これはきっとファン・ダイクを奮い立たせるための作戦・・・
ね、リヴァプールの守備クソでしょ。君いないとダメなんだわ。

マティプのこういうのほほーんとしたミス、たまにありますね。デヤン・ロヴレンとはまた違う種類の不用意さ。
あ、ロヴレンはこの試合、ここまでのところは安定してました。(なお開始3分)

大丈夫だ、時間はまだまだある。

直後、マネのクロスを受けたサラーが放ったシュートは枠の外。
あー!!!ネット揺れたから入ったかと思ったー!

ジェームズ・ミルナーのスルーパスにサラーが抜け出し、一人旅。はいごちそうさま・・・と思ったら相手DFがギリギリで戻ってきてカット。くそう、いい守備しよる。

コウチのミドルがまたしても火を吹いたけど、キーパーがキャッチ。
え?正面ではあったけど、それキャッチしちゃう?
あー弾いてりゃあサラーが仕留めてたかもなあ。

連携で崩して、ミルナーがするするとエリア内に侵入。絶好機到来!しかしまたしてもキーパーがいい仕事しちゃいました。

カスパー・シュマイケル。
コイツの親父はピーター・シュマイケル。マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド。
ああ、だからリヴァプール戦で覚醒してんのか。ユナイテッドのせいか・・・

今に見てろよ!

ロボの絶妙クロスに反応したマネが抜け出し、ネットを揺らします!

しかしオフサイドの判定。
おい!審判!
いや、もろオフか。抜け出しっつーか最初から出てた。すいません。

怒涛の攻撃を見せるも点が入らず。。。不調の頃の嫌な記憶が頭をよぎります。

サラー、相変わらずキレキレだけど、この試合ではシュートがイマイチ。あの頃のサラーに戻った?
フィルミーノが強烈なシュートを放つも、まーたシュマイケルが仕事しました。

ジョー・ゴメスのミドルは枠に飛ばずも、いいシュートでした。ゴメス、ここのところ攻撃でも存在感を見せ始めていますね。

しかし結局、点は奪えず0-1で前半終了。

引かれて攻めあぐねて、そのまま試合終了ってのだけはやめてね。

攻めきった後半

後半開始から程なくして、マネのヒールパスにサラーが反応。チャンスを迎えます。相手が3人4人と寄せてきますが、ものともせず。落ち着いて放った低い弾道のシュートには、シュマイケルも反応しきれず。

1-1。

と思ったら、なんかイエローが出ました。エムレ・ジャンに。
え?なんで?ゴール取り消し?

いや、大丈夫でした。ゴール後のボールを巡って一悶着あった模様。相手選手が時間稼ぎしようとしたのを怒った?
ジャン、なにしてん。まあ勝利への執念という事にしておきますか。

改めて1-1。

1点では足りません。アンフィールドでのドローは許されないリヴァプール。
引き続き猛攻を仕掛けます。

サラーが抜け出し決まったかと思いましたが、ループシュートは枠の外。
マネが再びネットを揺らすも、またしてもオフサイド。

レスターにもチャンスがあり、焦りが見え始めますが・・・

フィルミーノからのパスを、ミルナーがヒールで前線へ。サラーがマークを剥がしてシュマイケルと1対1。仕留めました。
見たかシュマイケル!

逆転!2-1。

サラーってゴール決めた後も余裕な表情の事が多くて、ここまで感情が全面に出ているのは珍しいですね。

ここからは逃げ切り体制か。サラーに替えてジョルジニオ・ワイナルドルム、コウチに替えてラグナル・クラヴァン。守備的な選手交代です。

時間もたっぷり使って安全に試合を終わらせてくれよ・・・ってこれがリヴァプールにとっては無理難題なんですよ。
後半途中からの岡崎慎司とかいう嫌がらせもあり、なかなか試合が落ち着きません。

ねえ、いつも思うんだけど、守ろうとすればするほど不安定になるの何で?

ああ!バタバタしだしてるよ。
ファン・ダイク、ちょっと降りてきて手伝って!
怖い怖い・・・

しかしなんか懐かしいぞ、この感じ。このヒヤヒヤ感。スリル。これぞリヴァプール。

なんとか逃げ切り、2-1で試合終了。

やったぞー!!!

しばらく逆転勝利から遠ざかっていたリヴァプール。2017年最終戦で久々の逆転勝利を飾れたのは大きいですね。
それにしても今年も随分とリヴァプールに寿命を持っていかれました。一年間ありがとうございます。
来年もまた、寿命を捧げながら応援し続ける事でしょう。2018年もよろしくお願いいたします。

ではではよいお年を!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。