鬼のいぬ間にスウォンジー戦

2017-12-26

アーセナル戦の激闘で燃え尽き、観る側もまだゲッソリしている最中ですが、早くも次の試合が。
日本時間、明日の深夜2時30分、プレミアリーグ第20節、スウォンジーとの一戦がアンフィールドにてキックオフとなります。
クリスマスの翌日、ボクシングデーにホームで開催される一戦。スタジアムは素晴らしい雰囲気になる事でしょう。日本だと非常に辛い時間帯ですが、なんとか観られるよう頑張りたいですね。

抜擢?

なんとアレックス・オックスレイド=チェンバレンがマッチデイグラフィックに起用されています。これは攻めてきましたね。

加入以来、疫病神扱いされたり、子供に知らないって言われたり、残念な立ち位置ながらも何だかんだで愛され始めている彼。ついにカッコいい役回りを与えられました。
前節では試合終了間際にちょっと出場しただけ。今節、出番が回ってくる可能性が高いのではないでしょうか!?

期待に応えろ!爆発してくれ!!

あ、マッチデイグラフィックは普通のにモハメド・サラーバージョンもあったことを報告しておきます。

怪我人の状況は?

前節、負傷退場したジョーダン・ヘンダーソンは欠場が確定しているようです。
キャプテンがいませんが、ジェームズ・ミルナー、エムレ・ジャンあたりにしっかり穴を埋め、かつチームを引っ張ってもらいたいですね。

トレーニングには復帰しているジョエル・マティプの出場はどうなるでしょうか。
前節では僅か5分程度の間に3失点を喫しています。守備がバタついている時に、冷静なマティプの存在は頼もしい。早く帰ってきてもらいたいですね。

シレッと離脱していたダニエル・スタリッジ。
移籍市場が開くまであと僅かとなりました。自らのゴールで雑音をかき消す事が出来るでしょうか。
いっそしばらく離脱しておいてもらった方が、市場においては無風で済むのではないかという気がしないでもありませんが・・・

前々節で実戦復帰したものの、前節では出番が無かったアダム・ララーナ。今節では出てくるのではないでしょうか。まだ少し体が重そうだったので、スタメンかどうかは微妙ですがベンチにいるだけでも頼もしい存在です。
相思相愛のヘンドの分も頑張ってくれ!

監督解任でゴタゴタしている隙に

勝ち点13で最下位のスウォンジー。
13・・・首位マンチェスター・シティは勝ち点55。なんと4倍以上の差があります。いやー離されましたね。
前々節、エヴァートンに敗れた後、ポール・クレメント監督を解任。
前節、クリスタル・パレス戦では1-1のドローでしたが、まあパレスはホジソンですからね。

リヴァプールにとってこのタイミングは吉と凶と出るか。

後任はてっきり先日ウエスト・ブロムウィッチの監督を解任された、お馴染みプレミア長老会の一人、トニー・ピューリスになるものだと思ってましたが、クラブ側が乗り気ではないとか。

噂ではクリスタル・パレスの監督を解任されたフランク・デ・ブール、ウエスト・ハムの監督を解任されたスラヴェン・ビリッチ、さらにはライアン・ギグスなんて名前も。
うーん・・・3人とも暇みたいだけど、わざわざ火中の栗を拾いに行きますかね?結局、残留請負人のピューリスになりそうな気がします。エヴァートンだってこじれにこじれた末に、結局アラダイスになったし。

リヴァプールとしてはピューリスが一番嫌なので、ゴタゴタしている間に当たれたのはラッキーかもしれませんね。

ちなみにプレミアリーグは後半戦に突入していますが、スウォンジーとの対戦はこれが1回目。
2回目は1ヵ月後とほとんど間がありません。出来る限りこじれてもらいたいですね。
ピューリスが来て、残留特化型のチームに仕上がった後に当たりたくない。今のうちにやっつけましょう。とりあえず今節、ボッコボコに叩いてトラウマを植えつけておきたいですね。

あ、そういえばスウォンジーのホーム、リバティ・スタジアムでホジソンのソックリさんが発見されたと話題になっています。

もう監督この人でいいんじゃないの?

この記事が気に入ったらシェアしてね!

鬼のいぬ間にスウォンジー戦」への2件のフィードバック

  1. Tam

    今日のコウチーニョはいつもと違いましたね。
    なんか、吹っ切れたような・・・
    リバプールに残留になるのかな、と思いました。

    返信
    1. Miya 投稿作成者

      残念ながら生で観られませんでしたが、ゴール後楽しそうでしたね。ダンスの写真、かなり嬉しかったです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。