いざダービー!エヴァートン戦

2017-12-10

日本時間の本日23時15分、プレミアリーグ第16節、エヴァートン戦がホーム、アンフィールドにてがキックオフとなります。
229回目となる伝統のマージーサイドダービー。どんな状況であれ、何が何でも勝ちたいダービーですが、この試合は特に重要な一戦となりそうです。

一つでも上の順位に

前節を終えた時点でリーグ戦4位のリヴァプール。
そして今節、3位チェルシーが18位ウエスト・ハムにまさかの敗戦。
モイーズナイス!元エヴァートンの監督なのに気の利いた事してくれます。

現在チェルシーとの勝ち点差は3。得失点差は1。この試合に勝てば、捉え追い抜くことも可能です。上位争うに向けて負けられませんね。

一方、サム・アラダイス新監督の下、復活を期すエヴァートン。
新監督の初陣となった前節ハダーズフィルールド戦に見事勝利。ここから波に乗りたい事でしょう。
現在10位。降格圏まではまだ余裕がありますが、今シーズンは大型補強を敢行し、飛躍を誓っていたはず。
チーム再建の手腕に定評があるアラダイスの事ですから、このダービーに勝って弾みをつけようと選手達に発破をかけているのではないでしょうか。

ヤル気満々な人たち

週の半ばにはチャンピオンズリーグの試合があり、多くの主力選手が出場しています。伝統のダービーとはいえ、ある程度のターンオーバーを用いてくるのではないでしょうか。

ダービーという事で人一倍はりきっていそうな選手達を起用してほしいですね。

まずはCLの試合は欠場し、フレッシュな状態のキャプテン、ジョーダン・ヘンダーソン。

やはりダービーにキャプテンがいないと締まらない!

そしてチームにとって素晴らしい朗報が。ヘンドにとってはもっと朗報。

アダム・ララーナが帰ってきました。チェルシー戦で途中出場したものの、状態が万全では無かったか、その後は姿を見かけませんでした。今回こそは本格復帰となるでしょうか。

アレックス・オックスレイド=チェンバレンもリヴァプールは子供の頃からの憧れと語っていましたので、ダービーへのモチベーションは高い事でしょう。

いよいよ真価が試される時が来たのは彼。

アンドリュー・ロバートソン。
アルベルト・モレノが負傷した今、本職の左サイドは一人だけです。
今まで出られなかった鬱憤を晴らすべく存分に駆け回ってください。

やはりダービーには地元出身の選手が出場してほしいもの。

CLではジョー・ゴメスが出場していたので、トレント・アレクサンダー=アーノルドに出番が回ってくる可能性は高いのではないでしょうか。

ジョン・フラナガンもダービーに対するモチベーションは人一倍強いかと思いますが、さすがにこの試合でいきなりチャンスが巡って来るという事は考えにくいでしょうね。ただDFは手薄なのでベンチ入りの可能性は僅かにあるかなと思っています。
一緒にいる特徴的な赤毛はアダム・ボグダン!
ついに怪我が癒えたのでしょうか。出場の可能性は99%無いと思いますが、久しぶりに姿を見ることが出来て嬉しく思います。どんな形であれ一日も早い復帰を願っています。

もちろん他の選手達もダービーに向けて気合が漲っている事でしょう。勝つだけでなく、アグレッシブな好ゲームを期待します。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

Written by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。