決勝トーナメントへ!スパルタク・モスクワ戦

2017-12-06


日本時間の明日早朝、チャンピオンズリーグのグループステージ再最終戦、スパルタク・モスクワとの試合がホーム、アンフィールドでキックオフとなります。
比較的、楽な組だと言われながら結局、最後までもつれてしまったグループステージ。しかしこれもリヴァプールらしさ。最後、アンフィールドで華々しく決めてもらいましょう!

突破の条件

現在、勝ち点9でグループEトップのリヴァプール。勝てば文句なしの1位通過。ドローでも対戦相手の3位スパルタク・モスクワに並ばれる事は無いため、突破は確定します。
勝ち点1差で2位のセビージャはNKマリボルと対戦。こちらの対戦はセビージャが勝つ可能性が高そうです。1位通過には勝利が必要でしょう。

お相手のスパルタク・モスクワは突破には勝利が絶対条件。
前掛りになってくるのではないでしょうか。アンフィールドで引かない相手。大勝も期待できるかもしれません。
リヴァプールとしては不用意な先制点を与え、その後きっちり引かれるという展開だけは避けたいですね。

万が一負けた場合・・・
2位セビージャとは勝ち点差1ですが、得失点差は10も離れています。余程の事が無い限りセビージャが引き分け以下の場合は突破出来ますね。でもやっぱりセビージャが勝ちそう。

というか、そんな事を考える必要は無い!勝てばいいんです、勝てば!!

要塞アンフィールド

は?

あのジタバタした守備のどこが要塞?

と思うかもしれませんが、なかなかどうして。

リヴァプ―ルは今シーズン、すべてのコンペディションにおいてアンフィールドでは無敗。6回ものクリーンシートを達成しています。
そういえば調子に乗ってる方のマンチェスターとか、最近元気無い鶏とかに酷い目に遭わされたのはアウェイでの出来事でした。

なーんだ・・・

セビージャの事、散々内弁慶って言って来たけど、リヴァプールもいつの間にか、なかなかの内弁慶になってました。

昨シーズンは結構アウェイに強かった印象あるのに。これはどうしたものか。
まあ、この試合では思う存分、内弁慶っぷりを発揮してもらいましょう。
KOPの大声援を背にド派手なゴールラッシュを!

メンバーは?

先週末のリーグ戦ではディフェンダーに離脱者が続出し、本職ではない二人を入れた3バックという変則的な布陣を採用した最終ライン。
病欠だったラグナル・クラヴァン、ジョー・ゴメスの二人はトレーニングに復帰しているので、従来の4バックに戻るのではないでしょうか。

アルベルト・モレノ、クラヴァン、デヤン・ロヴレン、ジョー・ゴメスという安定・・・いや、安定はしてないけど頼りにしてます。

ゴールキーパーはここまでCLは全試合出場のロリス・カリウスのハズ。
アンフィールドの要塞化にはシモン・ミニョレが大きく貢献しています。ビッグセーブも勿論ですが、絶体絶命のピンチで何故かシュートが枠外に飛ぶ、その神通力もミニョレの力。
カリウスも神ニョレに続き、神ウスになる事ができるでしょうか。

中盤より前もリーグ戦では、ターンオーバーとエムレ・ジャン、ジョルジニオ・ワイナルドゥムのDF起用によってメンバー入れ替えが行われていました。

この重要な一戦ではどうなるか。
まず休養たっぷりのサディオ・マネは出て来るとして、フェリペ・コウチーニョ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノの3人もスタメンで出て来るのではないかなと予想しています。早い時間帯に大量リードを奪い、休ませられる展開に持ち込みたいですね。

個人的にベンチスタートもあるのではないかなと思っているのが、ジョーダン・ヘンダーソン。
週末にはマージ―サイドダービーがあります。ダービーにキャプテン不在はまずい。あまり無理をさせられない選手でもあるし、この試合は休ませ、週末に万全を期すという選択肢もありかなと。

ジャンとジニを従来の位置で起用し、ヘンドのところにジェームズ・ミルナー、あるいはどこかにアレックス・オックスレド=チェンバレンを入れるのもありかもしれませんね。

ジャンとジニはここ一番で貴重なゴールを決めてきているので、この試合でも期待したい!そして攻撃陣の爆発とクリーンシート達成にも期待!

誰が出てもとにかく勝利あるのみ!引き分けもいらん。

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メールアドレス、ウェブサイトの入力は任意です。
入力いただいたコメントは承認後に表示されます。