今度こそは!NKマリボル戦

2017-10-17

日本時間の明日早朝、チャンピオンズリーググループステージ、NKマリボルとの試合がキックオフとなります。
ここのところ調子が上がらないリヴァプール。CLの試合も2戦連続ドローと、パッとしない状態です。
今度こそはキッチリ勝って浮上の切っ掛けを掴みたいですね。

NKマリボルって?

NKマリボルはスロベニアのクラブ。
スロベニア・・・名前は聞いた事があるような気がするけど、日本人にはかなり馴染みの薄い国ですね。
中央ヨーロッパ、イタリア、オーストリア、ハンガリー、クロアチアに囲まれた、国土の半分以上は森林で人口は約205万人という小さな国です。

NKマリボルは国内リーグにおいてリーグ制覇14回、09-10シーズンから14-15シーズンまで5連覇を達成、カップ戦制覇は9回と、国内では無敵とも言える超強豪ですが、メンバーの半数以上はスロバキア出身の選手。他もヨーロッパの小国出身の選手が多く、UEFA外の選手はブラジルが一人、ナイジェリアが一人というローカルな構成となっています。

スロベニアのFIFAランキングは68位。
完全な格下と言っていいとは思いますが、油断は出来ませんね。なんせリヴァプールは格下が大の苦手。引いて守ってくる可能性がかなり高そうです。
とはいえ下位クラブでさえ、各国の代表クラスがウヨウヨいるプレミアリーグとはワケが違います。
力の差を見せつけサクッと完勝と行きたいところ。

どうなるメンバー選考

選手末にマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチを戦ったばかりのリヴァプール。そして今週末はウェンブリーでトッテナム。これまたビッグマッチです。
CLも極めて重要な試合ですが、相手のレベルは大きく落ちます。

そしてスロベニアはリヴァプールから約1500km。大体、東京から北海道の北端までの距離です。ロシアの3000kmから比べる大した距離ではありませんが、遠征である事は変わりありません。

毎度の事ですがメンバー選考が悩ましい。
ここは是非、マンチェスター・ユニアテッド戦で一瞬の輝きを放ったアレックス・オックスレイド=チェンバレンをスタメンで!
多分、やらかしもあるけど、90分フルで使えば良い部分の方が多いかもしれません。

それからジェームズ・ミルナー。
今シーズンは本来の希望である中盤で起用されていますが、完全に控えメンバーの扱い。今のファーストチョイスの選手達はよくやってると思いますが、かといってミルナーの実力が劣っているとは思えません。
こういう完全アウェーの戦いでは百戦錬磨のミルナーの経験値が活きるハズ。

前線にはドミニク・ソランケを。
一応、試合に出てはいますが、殆どが試合終了間際での投入と十分なチャンスが与えられてはいませんね。
短い出場時間の中でも何かをやってくれる気配を感じさせる選手なので、もっと長い時間見てみたい。

両サイドバックは最近出番が少ない、トレント・アレクサンダー=アーノルド、アンドリュー・ロバートソンで。
(まさかモレノはちょっと休ませた方がいいんじゃないかと思う日が来るとは思わなかった・・・)

ここのところ出ずっぱりの選手が多いので、層の厚さも見せてもらいたい。
そして今日はとにかくサクッと完勝で!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。