鬱憤を晴らして!セビージャ戦

2017-09-13

日本時間の明日、早朝、チャンピオンズリーグのグループステージ初戦、セビージャ戦がキックオフとなります。
会場はホーム、アンフィールド。既にプレーオフを戦っていますが、本戦という事で、また格別の感慨がありますね。
色々と溜まっているフラストレーションを解消させるためにも、気持ちの良い勝利を期待しています。

二つのリベンジ

2015年。ヨーロッパリーグ決勝。
セビージャと対戦したリヴァプールは悔しい、非常に悔しい敗戦を喫しています。
判定に泣かされた部分もありますが、まだまだチームとしても未熟だった。

シーズン途中からクロップが就任して臨んだEL。
あれから1年以上の月日が流れました。
クロップ流のサッカーは着実にチームに浸透しています。

セビージャは現在、リーグ戦まだ第3節を終えたばかりですが、2勝1分、5得点を上げ3位と好調な様子。
チームの成長を示すには格好の相手ではないでしょうか。
判定など関係ない完璧な勝利でスカッとさせてください!

そしてもう一つスカッとさせて欲しい事・・・
先週末のリーグ戦ではマンチェスター・シティに0-5と屈辱の大敗。
ファンの間にはかなりドンヨリとした空気が漂っています。

八つ当たりのようではありますが、セビージャをボコボコにしてスカッとしたい!
今後への弾みをつけるためにも大勝しておきたいですね!

5-0。5-0でお願いします!

大幅なメンバー入れ替えか

週末のシティ戦からは大きくメンバーが入れ替わる可能性がありそうです。

まずはゴールキーパー。
クロップは明日の試合、シモン・ミニョレではなく、ロリス・カリウスを起用する事を明言しています。
どうやらCLはカリウスでいく方針のようです。
少々不安ではありますが、カリウスが本領を発揮できていない原因が、プレミアのスタイルへの適応に苦しんでいるからだとすれば、国外のチームとの試合で自信を付けさせるいうのは、いいアイディアかもしれませんね。

ディフェンダーではシティ戦は欠場したデヤン・ロヴレンは出てくるのではないでしょうか。
同じく出番が無かったアンドリュー・ロバートソンはどうでしょうか。ここのところ、しばらくアルベルト・モレノが起用されているので、そろそろロボの活躍も見たいですね。
また、トレント・アレクサンダー=アーノルドに替え、ジョー・ゴメスという予想も多いようですが、ゴメスは本職が枚数が少ないセンターバックなだけに、やり繰りが難しそうです。

アタッカー陣では、モハメド・サラーに体調不良の情報がありましたが、どうやら重症では無さそうです。先発で起用するかどうかは当日の判断でしょうか。

シティ戦で相手GKエデルソンと接触し、傷を負わせてしまったサディオ・マネ。
当初は動揺していたようですが、エデルソンはプレーに問題無さそうなので、安心した事でしょう。
前半で退場してしまったので、疲労はあまり無い事でしょう。そして週末のリーグ戦は出場停止。
ここで爆発してもらいましょう!

そしてもう一人、特別に期待したいのが、EL決勝で見事なゴールを決めたダニエル・スタリッジ。
恐らく先発はロベルト・フィルミーノだと思いますが、チャンスがあれば、また美しいゴールをお願いします。

やたらとウキウキなロヴレンとスタリッジ。この二人の活躍が鍵を握る!?

そして最大の関心事といえば、フェリペ・コウチーニョ。
プレー可能な状態のようですが、先発で使うかどうかに関してはクロップは明言を避けています。

是非とも先発で使って欲しいですね。
笑顔も見られるし、モチベーションの面でも問題なさそうです。
CL初戦のアンフィールド。復帰には最高の舞台ではないでしょうか。

EL決勝、シティ戦、マネの退場、コウチの移籍騒動・・・色んな鬱憤を一気に吹っ飛ばす快勝を!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。